2018年4月号

2018年4月号

2018年03月06日発売

第一印象で勝つスーツ、そのルール30

“お洒落”と”好印象”は、必ずしもイコールではない。とりわけビジネスシーンにおいては、一人よがりな洒落っ気はかえって印象を損ねることもある。過ぎたるお洒落は及ばざるがごとし、そんな落とし穴にはまらないためには”身だしなみ+お洒落少々”の按配が何より大切だ。第一印象が大切なビジネスシーンで”勝つ”ための装い方。そのルールを身につけよう!

超王道な濃紺の無地スーツは紺白・1柄でキリリと絞る

最もベーシック、かつドレッシーな濃紺無地スーツの醍醐味はキリリとした精悍さ。これを活かすためにも、コーデの色みは紺と白に絞るのが好ましい。そのうえで差す1柄が、魅力的に映えるのだ。

無難に見せない紺JKは季節素材の活用で

ベーシックで着回しの効くネイビージャケットは、ビジネスジャケパンにおける絶対定番といえる存在。しかし、ベーシックゆえに時には物足りなく感じることも。春らしい素材感の一手で、脱・ありきたりを図る。

白襟際立つ青無地クレリックで口ほど物言う胸元に

クリーンな白襟とドレッシーなカラー身ごろが特徴のクレリックシャツ。見頃と色が異なることで襟の白色がより際立つのがポイントだ。白襟が目立つことで、印象を大きく左右する顔周りに清潔感を与えることができる。

  1. 1
  2. 2
・・・
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop