日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんが「夏の装いで大切にしていること」とは? 日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんが「夏の装いで大切にしていること」とは?

出張先では、こんなスーツが重宝する!【スーツの着回し1週間チャレンジ!/高島屋編#2】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

商談後は出張先で小休暇。そんなビジネス×レジャーを組み合わせたブリージャースタイルが浸透するなか、高島屋 MD本部の北原 大さんが長期出張の多いジェットセッターを想定し、ワードローブを厳選。出張先でのオンにもオフにも対応する、快適かつ機能的な初夏のブリージャースタイルを提案してくれた。仕事も遊びもしなやかに楽しむビジネスパーソンは、まさにワークライフバランスの理想形。そんな高島屋の着回し1週間チャレンジは、5月13日(月)〜5月19日(日)の1週間、毎日更新予定だ。(使用する全24アイテムは、こちらを参照

fashion_190423_tue_01.jpg

正攻法は気をてらわない定番色のクラシックスーツ

国内出張2日目は、テーラード仕立てのオーダースーツに着替えて本格始動。

「クライアントとの商談初日を想定し、クラシックなグレースーツ、白シャツ、ストライプネクタイでコーディネート。緊張感のあるこんな正統派ビジネススタイルは、重要なプレゼンも含めたミーティングなどにおすすめです。鞄は昨日と同じくバックパック。パソコンや資料がしっかり収まるサイズ感で手ぶらで歩ける点も、石畳の道が多い北海道で役立ちます。また保険として携帯したいのが、レインコートがわりの高機能なナイロンコート。1着持っておけば、天候が読めない海外などでも、夜に思いのほか冷え込んだりしたときに、きっと重宝するはずです」(MD本部 北原 大さん)

下の24アイテムの中から……

使用アイテムリスト
<b>2.タカシマヤ スタイルオーダー サロンのグレースーツ</b><br />チェンジポケット付きのジャケットと、腰回りに2プリーツを施したサイドベルト付きパンツのセット。一着はほしいこんなクラシックなスーツをジャストサイズで作れるのが、高島屋のスタイルオーダーの強み。基本料金8万9000円+パンツ脇尾錠2000円<オーダー価格>(新宿高島屋)

2.タカシマヤ スタイルオーダー サロンのグレースーツ
チェンジポケット付きのジャケットと、腰回りに2プリーツを施したサイドベルト付きパンツのセット。一着はほしいこんなクラシックなスーツをジャストサイズで作れるのが、高島屋のスタイルオーダーの強み。基本料金8万9000円+パンツ脇尾錠2000円<オーダー価格>(新宿高島屋)

<b>7.CHOYA1886の白シャツ</b><br />軽装になるクールビズシーズンは、一枚でも勝負できるちょっといいシャツも揃えておきたい。日本の老舗シャツファクトリーが手掛けるこちらは、日本の綿を使い、日本製にこだわった「Jクオリティー」認証の逸品。1万3000円(新宿高島屋)

7.CHOYA1886の白シャツ
軽装になるクールビズシーズンは、一枚でも勝負できるちょっといいシャツも揃えておきたい。日本の老舗シャツファクトリーが手掛けるこちらは、日本の綿を使い、日本製にこだわった「Jクオリティー」認証の逸品。1万3000円(新宿高島屋)

<b>8.ロバートフレイザーの紺ストライプネクタイ</b><br />ガーゼのよう薄手で柔らかいガルザタイは、高温多湿な日本の気候を生き抜くための生活の知恵。白×紺のストライプ柄ならきちんと感も醸し出せる。1万円(新宿高島屋)     

8.ロバートフレイザーの紺ストライプネクタイ
ガーゼのよう薄手で柔らかいガルザタイは、高温多湿な日本の気候を生き抜くための生活の知恵。白×紺のストライプ柄ならきちんと感も醸し出せる。1万円(新宿高島屋)     

<b>17.モンテコーレの紺レインコート</b><br />イタリアンデザインに防水・撥水・防風・通気性を加えた高機能なステンカラーコートは、憂鬱な梅雨の強い味方。裏地はメッシュなので蒸し蒸しする日も肌に張り付かない。フードはボタンで取り外し可能だ。10万円(新宿高島屋)

17.モンテコーレの紺レインコート
イタリアンデザインに防水・撥水・防風・通気性を加えた高機能なステンカラーコートは、憂鬱な梅雨の強い味方。裏地はメッシュなので蒸し蒸しする日も肌に張り付かない。フードはボタンで取り外し可能だ。10万円(新宿高島屋)

<b>20.ドゥカートディミラノの紺バックパック</b><br />レザー製のバックパックは、通勤からタウンユースまでカバー。背面にはメッシュ素材があしらわれ、ストラップもナイロン素材のため、汗をかいても快適に背負える。縦29×横39×マチ16cm。5万5000円(新宿高島屋)

20.ドゥカートディミラノの紺バックパック
レザー製のバックパックは、通勤からタウンユースまでカバー。背面にはメッシュ素材があしらわれ、ストラップもナイロン素材のため、汗をかいても快適に背負える。縦29×横39×マチ16cm。5万5000円(新宿高島屋)

<b>22.デイビッドの黒ローファー</b><br />良心的価格の日本製ローファーは、ラバーソールで雨の日も気兼ねなく履けそう。ソールは厚さ3cm程もあり、スタイルよく見せてくれる点も見逃せない。1万9000円(新宿高島屋)

22.デイビッドの黒ローファー
良心的価格の日本製ローファーは、ラバーソールで雨の日も気兼ねなく履けそう。ソールは厚さ3cm程もあり、スタイルよく見せてくれる点も見逃せない。1万9000円(新宿高島屋)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Aug. VOL.313

8

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop