池井戸 潤・原作。働くことの正義を問う、サラリーマン必見の企業サスペンス映画『七つの会議』

Facebook
Twitter
『七つの会議』

池井戸 潤原作。働くことの正義を問う、サラリーマン必見の企業サスペンスムービー

都内にある中堅メーカーに勤める、営業部の万年係長、八角民夫(野村萬斎)。これまではトップセールスマンの課長・坂戸(片岡愛之助)から厳しい叱責を受けても飄々としていた八角だったが、ある日突然、坂戸をパワハラで訴える。そして坂戸には異動処分が。だがその裏には、会社の存続をも問われるような、もっと大きな企業の闇が広がっていた。横領、隠蔽、セクハラ、パワハラなど、企業の問題がギュッと詰まったリアル企業犯罪エンターテインメントムービー。萬斎氏演じる八角の真実を追い求める鋭い眼光、豪華実力派俳優陣の濃厚な芝居合戦、驚きの展開に誰もが終始引き込まれる。

DATA

『七つの会議』
監督:福澤克雄
原作:池井戸 潤
主演:野村萬斎
配給:東宝
2月1日(金)より全国東宝系にて公開

関連記事:【今月のインタビュー】俳優・野村 萬斎さん、『七つの会議』を語る

[MEN'SEX2019年2月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Mar. VOL.299月号

2019

Mar. VOL.299

3

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop