【トゥミ】2002年に大ヒットした日本限定デザインを再現したホリデーコレクション発売

Facebook
Twitter

ブランド初の日本限定モデルのアーカイブデザインを再現
「リミテッド エディション 2018」

トゥミが毎年ホリデーシーズンに展開する日本限定の「リミテッド エディション」。今年もその時季がやってきた。しかも2018年版の限定コレクション(11月中旬より発売)は、例年にも増して人気が出そうなので、さっそくご紹介しよう。

トゥミ「リミテッド エディション 2018」
右上:スリム・デラックス・ポートフォリオ(H30.5 x W40.5 X D6.25cm)4万3000円 左上:エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ(H32 x W40.5 x D9cm)6万円 手前:スリーウェイ・ブリーフ(H30.5 x W42 x D15cm)6万9000円

「リミテッド エディション2018」のラインナップは、トゥミのアイコニックなバリスティックナイロン素材のAlphaコレクションから、「スリム・デラックス・ポートフォリオ」、「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」、「スリーウェイ・ブリーフ」の3型。

内装の深紅のライニング

それぞれ、2002年に当時トゥミ初の日本限定モデルとして発売された「リミテッド エディション2002」のデザインをモチーフに細部をアップデートしているのが最大の特徴だ。具体的に見れば、2002年当時のデザインから、グリップ部分にレザーをあしらったナイロンのハンドル、内装の深紅のライニング、「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」および「スリーウェイ・ブリーフ」のフロントの4つポケットデザインなどが再現されている。

また、いずれのモデルも、フロントのロゴプレートやファスナープラーなどのメタルパーツにヴィンテージのガンメタルカラーを使用したクラシックなルックは統一されていて、「LIMITED EDITION」の文字が入ったラゲージタグとサイドのメタルプレート、ブラックの外装に映える深紅のライニングがエクスクルーシブなスタイルを象徴する。



スリム・デラックス・ポートフォリオ

スリム・デラックス・ポートフォリオ

「スリム・デラックス・ポートフォリオ」は、2002年当時の人気スタイルをアップデートしたシングルコンパートメントの薄マチブリーフだ。メインコンパートメントにはパッドで保護されたタブレット用ポケットやファスナーポケット、フロントのU字型ポケットにはオーガナイザーパネルを搭載し、薄マチながらも高い機能性をあわせもつ。サイズH30.5 x W40.5 X D6.25cm。4万3000円



エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ

エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ

「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」は、メインコンパートメントの前後に、さっとものの出し入れができるマグネット開閉式の収納スペースを備えた、マチ拡張機能付きのブリーフ。ペットボトルや傘の収納に適した防水加工を施したポケットを含む4つのフロントファスナーポケットの存在が、トゥミらしい機能性の高さを約束してくれる。サイズH32 x W40.5 x D9cm。6万円



スリーウェイ・ブリーフ

スリーウェイ・ブリーフ

「スリーウェイ・ブリーフ」は、背面に格納されたバックパックストラップでバックパックに、付属のショルダーストラップで肩掛けにと、シーンに応じて異なる使い方ができる機動力と汎用性の高さを備えた人気のスタイルだ。背面には、ノートPCとタブレット両方を同時に収納できる専用コンパートメントを備えるなど、今の時代にスマートに対応している。サイズH30.5 x W42 x D15cm。6万9000円



トゥミ「リミテッド エディション2018」

2018年11月9日(金)から全国のトゥミストアおよび公式ウェブサイトTUMI.co.jpで発売予定。

お問い合わせ先:
トゥミ・カスタマーセンター TEL:0120-006-267
TUMI.co.jp

※表示価格は税抜き
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop