人生にくたびれてフラフラになったとき助けてくれる「名著」とは?

Facebook
Twitter
秋満吉彦

人生と格闘するビジネスマンの進むべき道を照らし、導く。その言葉の力に出会う

NHKの人気教養番組「100分de名著」のプロデューサー、秋満吉彦氏が、自身の人生に強い影響を与えた12冊の「名著」との出会いを綴った一冊。

読書ガイドでもあるが、秋満氏がひとりの組織人として経験した苦悩と挫折、その解決策を、夢や希望の叶え方を考え直したフランクルの『夜と霧』、働くことの意味を見直した宮沢賢治の『なめとこ山の熊』、対立する相手との関係を改善させたガンディーの『獄中からの手紙』などの名著を通して紹介する人生論でもある。

「くたびれて、ふらふらになって、もはや立ち上がることもできない。そんなときに再び立ち上がるための杖となってくれたのが『名著』でした」(はじめに)。

強力な味方になる人生の杖=名著を、本書で探してほしい。

DATA

行く先はいつも名著が教えてくれる
著:秋満吉彦
日本実業出版社
価格:1400円



※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2019年4月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)


関連記事:話し方のプロが教える「口ばかり達者な部下を上手に動かす方法」とは?

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop