まるでジャージー! 1日着ても快適なコーデュロイスーツ発見!

Facebook
Twitter

スーツの着回し1週間チャレンジ!/エストネーション編#2

クールビズはまだ続くが、秋冬ものが立ち上がる今こそ、新調するスーツやジャケットの目星をつけておきたいところ。そこで今回の着回し企画では「エストネーション」のPR佐藤浩貴さんが、大人にふさわしい秋の着こなしを指南。オンにもオフにも活用できる同店らしいアイテムを取り入れながら、今季らしい着こなしを提案してくれた。エストネーション編は9月9日(月)~9月15日(日)の1週間、毎日更新予定だ(使用する全22アイテムは、こちらを参照

まるでジャージー! このスーツは外回りの武器になる

見た目きちんと、着心地ラクチンな理想のコーデュロイスーツ

今シーズンきってのトレンド素材、コーデュロイのアイテムは、こんなスーツタイプも登場している。

「こちらのコーデュロイスーツは、じつはジャージー素材でできています。実はパンツもウエストゴムなので腰周りもリラックスした穿き心地ですが、ジャケットを着れば見た目はきちんとしているので、外回りなどの移動の多い日に着ると非常に快適です。カジュアル寄りの素材なので、やはりネクタイを結んできちんと見せるのがおすすめ。足元は革靴の中でも比較的カジュアルなローファーなら、快適素材のスーツと釣り合いが取れます。色は淡色のブロンズカラーを選んで、淡色のグレースーツと調和を図りました」(エストネーションPR 佐藤浩貴さん)

下の22アイテムの中から......

使用アイテムリスト
<b>1.ベルヴェストのグレースーツ</b><br />ストレッチがきいたウールカシミアのコーデュロイスーツは、まるでニットのように軽くて温か。ジャケットは裏地なしのパッチポケット仕様、パンツはウエストゴム仕様というカジュアルな仕立てのため、上下ともに単品でも着回しできる。31万6000円(エストネーション)

1.ベルヴェストのグレースーツ
ストレッチがきいたウールカシミアのコーデュロイスーツは、まるでニットのように軽くて温か。ジャケットは裏地なしのパッチポケット仕様、パンツはウエストゴム仕様というカジュアルな仕立てのため、上下ともに単品でも着回しできる。31万6000円(エストネーション)

<b>4.エリコ フォルミコラのストライプシャツ</b><br />ボタンダウン仕様のコットンシャツ。ストライプが淡色なので柄が主張しすぎず、無地シャツ感覚でコーディネートしやすい。2万3000円(エストネーション)

4.エリコ フォルミコラのストライプシャツ
ボタンダウン仕様のコットンシャツ。ストライプが淡色なので柄が主張しすぎず、無地シャツ感覚でコーディネートしやすい。2万3000円(エストネーション)

<b>7.アット ヴァンヌッチのベージュネクタイ</b><br />昔ながらの手縫いにこだわるフィレンツェ発のネクタイブランド。ヴィンテージライクな変わった素材感と、セッテピエゲと呼ばれる7つ折り製法によるスカーフのような膨らみが、襟元に華やぎをもたしてくれる。2万6000円(エストネーション)

7.アット ヴァンヌッチのベージュネクタイ
昔ながらの手縫いにこだわるフィレンツェ発のネクタイブランド。ヴィンテージライクな変わった素材感と、セッテピエゲと呼ばれる7つ折り製法によるスカーフのような膨らみが、襟元に華やぎをもたしてくれる。2万6000円(エストネーション)

<b>21.エドワード グリーンのブロンズ色ローファー</b><br />19と同じブランドで、20の「DUKEⅡ」の色違い。ニュアンスのあるブロンズアンティークカラーが、単なる茶靴とは異なる洒落感をもたらしてくれる。16万3000円(エストネーション)

21.エドワード グリーンのブロンズ色ローファー
19と同じブランドで、20の「DUKEⅡ」の色違い。ニュアンスのあるブロンズアンティークカラーが、単なる茶靴とは異なる洒落感をもたらしてくれる。16万3000円(エストネーション)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop