柔和な印象に見えるパンツは「インプリーツ」「アウトプリーツ」どっち?

Facebook
Twitter

令和元年、秋のベージュパンツ考 ―「今」な王道スタイル1週間―

コンサバ手帖「令和元年、秋のベージュパンツ考」シリーズ

ジャケット×ベージュパンツコーデ

インか、アウトか。コンサバ男の自問自答

スーツから始まったプリーツパンツ復活は、いまや単品パンツにも波及している。そこで考えなくてはいけないのは、1プリーツか2プリーツか に加え、プリーツの"向き"について。一度両方穿いてみることにしよう。

金曜日はインプリーツ。英国ものに一般的な仕様だが、これはプリーツのラインが内側にカーブするのが特徴的。腰回りが少し丸く見えるので、服装も柔和な印象になるようだ。キリッと引き締めるならアウト、まろやかに見せるならイン。これが選びの基準かな。

パンツ3万5000円/PT01(トゥモローランド) ジャケット11万円/タリアトーレ(トレメッツォ) シャツ2万3000円/ドレイクス(ドレイクス 銀座店) タイ2万円/ステファノ ビジ(バインド ピーアール) 時計54万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス) ベルト〈スタイリスト私物〉 クルマ658万円〈税込価格〉/アウディ(アウディ コミュニケーションセンター)

※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2019年9月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop