今どきメンズファッションの「王道」って、どんなアイテム?【ファッション座談会】

Facebook
Twitter
時代の流れを上質に表現できること

時代の流れを上質に表現できること。

装いにおける「王道」とは一体どのようなものなのだろうか。それは時代とともにどう変化するのか。ドレスクロージングの現場を長年見てきた30代〜60代の識者を集め、これからの王道的装いについて考えるクロストークを行なった。さて、その先に見えてきたものは?

関連記事:前回の記事はこちら
「王道ブランドの定義とは?」時代を超えた恒久的価値を味わう【ファッション座談会】

    王道を見てきたこの4人で対談



    黒部さん黒部和夫さん(服飾評論家、カルロインターナショナル代表)
    1958年生まれ。オンワード樫山でメンズ企画部門に長年携わったのち2014年に独立。愛称は"カルロ"。



    池田さん池田哲也さん(服飾評論家)
    1968年生まれ。三越の特選紳士服バイヤーとしてローマに駐在。服飾・経済・政治など様々な分野に精通。



    鏡さん鏡 陽介さん(日本橋三越本店 紳士パーソナライズマーチャンダイザー)
    1979年生まれ。伊勢丹新宿店で鞄バイヤー、メイドトゥ メジャー バイヤーを務め、2018年より現職。



    小曽根さん小曽根広光さん(エディター&本誌ファッション担当)
    1984年生まれ。ドレスクロージングを専門分野として、様々な雑誌・WEBメディアで編集・執筆を担当。



永世定番をベースとしたアップデート作が最近、面白い(鏡さん)

MEN'S EX M.E. 新しい「王道」について、もう少し掘り下げたく思います。例えば今季、ラコステからニット素材のポロシャツがビームスの別注で登場したように、定番アイテムに時代の流れをうまくミックスした新作が、昨今多くと生まれている気がします。


池田さん 池田 へぇ〜、こんなラコステがあるんですか。ラコステのポロには、いわゆるフレンチラコやアイゾッドなど実に様々な歴史的バリエーションが存在しますが、品質に関しては日本製がトップクラスといわれています。こういう面白い新機軸が生まれてくるのも、日本人の研究心からなんでしょうね。


LACOSTE
ラコステ×ビームスのニットポロ

ラコステ×ビームス
各1万7000円(ビームスF)


あの超定番をスムースニットでアップデート

定番「L.12.12」をベースとしつつ、素材をスムースなタッチのニット地にして別注しアップデート。ドレープの美しさも鹿の子とは一味違う魅力だ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop