30代~60代のメンズファッション識者が座談会。「王道の装い」って何ですか?

Facebook
Twitter

不変or進化、身につけたいスタイルとは?

装いにおける「王道」とは一体どのようなものなのだろうか。それは時代とともにどう変化するのか。ドレスクロージングの現場を長年見てきた30代~60代の識者を集め、これからの王道的装いについて考えるクロストークを行なった。さて、その先に見えてきたものは?

小曽根さん、鏡さん、池田さん、黒部さん


関連記事:企業の受付女子がジャッジする、「好印象スーツ男子」と「NGスーツ」とは?


    王道を見てきたこの4人で対談



    黒部さん黒部和夫さん(服飾評論家、カルロインターナショナル代表)
    1958年生まれ。オンワード樫山でメンズ企画部門に長年携わったのち2014年に独立。愛称は"カルロ"。


    池田さん池田哲也さん(服飾評論家)
    1968年生まれ。三越の特選紳士服バイヤーとしてローマに駐在。服飾・経済・政治など様々な分野に精通。



    鏡さん鏡 陽介さん(日本橋三越本店 紳士パーソナライズマーチャンダイザー)
    1979年生まれ。伊勢丹新宿店で鞄バイヤー、メイドトゥ メジャー バイヤーを務め、2018年より現職。



    小曽根さん小曽根広光さん(エディター&本誌ファッション担当)
    1984年生まれ。ドレスクロージングを専門分野として、様々な雑誌・WEBメディアで編集・執筆を担当。



着こなし方でコミュニケーションを取る姿勢が大事(池田さん)

池田さん 池田 「王道」...改めて考えてみると、具体的に言い表すのは非常に難しいですね。


黒部さん 黒部 そうですね。「自分的な王道」ということならぼんやりと思い浮かびますが。


小曽根さん 小曽根 どんなものですか?


黒部さん 黒部 私にとっては、やはり1980年代に火がついたブリティッシュ・アメリカンがひとつのルーツになっています。


鏡さん  アラン フラッサーやラルフローレンですね。


黒部さん 黒部 そう。米国人的感性で表現した英国スタイルですね。それまでブリティッシュというと、ガチガチの正統というイメージだったのですが、それとは一線を画すスタイルでした。


池田さん 池田 私はいわゆるアメ横的なカジュアル服と、'90年代の三越時代に出会ったイタリアのテーラードがベースですね。どちらも私の中では時代を超えて愛せるスタイルになっています。


鏡さん  今、1980~90年代に流行したスタイルのリバイバルが注目されていますが、だからといってそれらを「王道」と定義するのは早計だと思います。単純に今、リバイバルが"気分"なだけで、数年後にはまた旬を過ぎてしまいますからね。


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.306月号

2019

VOL.306

11

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop