仕事で「リネン100%のシャツ」を着る快適とは?

Facebook
Twitter

ニッポンの夏とリネンウェア ―「今」な王道スタイル1週間―

コンサバ手帖「ニッポンの夏とリネンウェア」シリーズ

リネン100%のシャツを着たモデル

背中を風が通り抜ける。これぞリネンの醍醐味よ

蒸し暑い。曇り続きだが、日々、夏が近づいているのを汗ばむ背中で感じる。昼食を摂ったら、いっそう汗が噴き出してきた。脱いだジャケットを着るのも億劫で、袖まくりのまま外に出る。瞬間、風がふわっと背中を通り抜けた。おお、気持ちいい。そういえば今日は、リネン100%のシャツを着ていたのだった。麻は通気性に優れると何度も聞いてきたが、その心地よさを今、改めて実感。空調の効いた室内も快適だけど、こんな風流な涼しさもいいものだ。

シャツ2万4000円/マッシモ ラ ポルタ(フィーゴ) ジャケット23万円/スティレ ラティーノ、パンツ5万2000円/ロータ(以上リング東京) タイ1万7000円/ニッキー(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 時計200万円/ IWC(IWC)

※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2019年7・8月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop