ツウな夏のクラシックウェアは、世界が注目する香港の名店「アーモリー」で手に入れる!

Facebook
Twitter
190701_hongkong_01.jpg

【メンズエグゼクティブの香港名店ガイド #01】

100万ドルの夜景、絶品の美食、エネルギーに溢れた街並み。そんな観光地としての魅力に加えて、昨今はクラシックファッションの発信地としても大いに注目を集めている香港。 世界の超一流ビジネスマンが集まる国際都市で提案されるウェアの数々は、東京のそれとは一味違う刺激に満ちている。MEN'S EX ONLINEでは、ファッション好きの今、香港で必ずチェックしておきたい、「メンズエグゼクティブのための香港最新名店ガイド」を連載形式でご紹介。第一弾は、今や世界的名店となった「アーモリー」だ。

関連記事一覧: メンズエグゼクティブの香港名店ガイド

#1 THE ARMOURY/アーモリー
アジアで今、最も勢いのあるメンズウェアショップ

アーモリー

目下、世界のメディアがこぞって取り上げる「アーモリー」は、いまやクラシックファッション好きにとっての新たな聖地だ。2010年にマーク·チョー氏、アレン·シー氏らによって創設されてからわずか9年で世界を代表する名店となった同店は、スタッフも皆20~30代と若く、テーラードスタイルへのピュアな情熱に溢れている。なかでもマーク、アレンの二人は飛び抜けたセンスと知識をもち、超有名テーラーからナポリの超ローカルな工房まで知り尽くした若きカリスマだ。

アーモリー

アーモリーの業態は日本のセレクトショップと似ていて、世界各国から選んだ一流ブランドをラインナップしているほか、リングヂャケットをはじめとする様々なブランドに別注をかけ、"アーモリー仕様"として展開しているのが特徴的。このアーモリーならではのフィルターが非常に刺激的で、例えば同じリングヂャケットでも日本のそれとはかなり趣を異にしている。そのほか、リヴェラーノ&リヴェラーノ、チッチオ、アンブロージなど有名アルチザンたちのトランクショーも頻繁に開催し、最高峰のテーラードウェアを求める顧客の需要に応えている。

アーモリーは香港の中環エリアに2店舗を構えていて、香港随一の商業施設ビル内にあるランドマーク店では既製服を中心としたオープンな店作り、写真のペダービルディング店では様々なトランクショーを開催し、よりサロン的な空間を意識しているのが特徴だ。

左が共同経営者マーク·チョー氏。中央はWEBメディア「PERMANENT STYLE」を運営するジャーナリスト、サイモン·クロンプトン氏で、取材日に偶然香港に滞在していたため、インタビューのためにアーモリーまでお越しいただいた。その内容は近日掲載予定。右はMEN'S EX ONLINE編集長の平澤。
ペダービルディング店はアーモリーの第1号店。通りを挟んですぐのところに2号店のランドマーク店、そして米国ニューヨークにもショップを構える。

ペダービルディング店はアーモリーの第1号店。通りを挟んですぐのところに2号店のランドマーク店、そして米国ニューヨークにもショップを構える。

スーツ、ジャケットから小物までトータルウェアが揃う。

スーツ、ジャケットから小物までトータルウェアが揃う。

ビジネスだけでなくカジュアルウェアのラインナップも。

ビジネスだけでなくカジュアルウェアのラインナップも。

トランクショーを頻繁に開催する店内には、巻きのストック生地も在庫されている。

トランクショーを頻繁に開催する店内には、巻きのストック生地も在庫されている。

シャツはアーモリーのオリジナルほか、リヴェラーノやドレイクスを展開。

シャツはアーモリーのオリジナルほか、リヴェラーノやドレイクスを展開。

靴は英国ノーサンプトン製のアーモリー·オリジナル、カルミナ、サン クリスピンなどをラインナップ。

靴は英国ノーサンプトン製のアーモリー·オリジナル、カルミナ、サン クリスピンなどをラインナップ。

スタンダードなカーフのレースアップからスエード、リザードなど幅広いレンジで揃える。

スタンダードなカーフのレースアップからスエード、リザードなど幅広いレンジで揃える。

タイはドレイクス、タイ ユア タイ、リヴェラーノがメイン。

タイはドレイクス、タイ ユア タイ、リヴェラーノがメイン。

フォックス アンブレラズのクラシックな傘も。

フォックス アンブレラズのクラシックな傘も。

フランク クレッグのカバン、ボードイン アンド ランジのベルジャンシューズ、ロック&コーのハットなど、様々な国籍の名品が揃う。

フランク クレッグのカバン、ボードイン アンド ランジのベルジャンシューズ、ロック&コーのハットなど、様々な国籍の名品が揃う。

大きなハシゴも印象的。

大きなハシゴも印象的。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.306月号

2019

VOL.306

11

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop