きれいめにもスポーティにも着こなせる「大人のニットポロ」は、こんな柄!

Facebook
Twitter

徐々に気温も高まり、できればジャケットを羽織らずに過ごしたい日も多くなるだろう。しかし、「シャツイチ」の着こなしはどこか心許ないのも事実。そこで欲しいのが、一枚でコーデが様になる主役顔なシャツ。大柄、表情豊かなシャツなどが狙いどころだ。

上質さと程よい主張を両立する
【ボーダーニットポロ】

ボーダーニットポロ

ビズポロが広く浸透する昨今は、カジュアル併用も見据えた選択肢を楽しむ好機。そんな折、気になるのは品良くも遊びが効かせられるボーダーニットポロ。スポーティなだけではない、着飾ることを意識したそれらは、大人の夏に相応しい。

渋色2トーンならポップ感も控えめに
JOHN SMEDLEY / ジョン スメドレー

\ 2TONE /

ジョン スメドレーのポロシャツ
ポロシャツといえばの爽やかさや躍動感ではなく、あくまでモダンさがカギ。渋色の2トーンだから、一枚でのシンプルな着こなしも洒脱に。
ポロシャツ2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)パンツ2万8000円/GTA(ビームス 六本木ヒルズ)時計58万円/オメガ(オメガお客様センター)靴13万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)


ハイゲージのドレープがボーダーを大人顔に

胸のラインで切り替えられた、ブロックボーダー。ミリタリーカラーのオリーブも、グレージュとの配色ならシックな印象になる。シーアイランドコットンを使用したニットのドレープ感も、エレガントに見える理由。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.306月号

2019

VOL.306

11

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop