少ないアイテムで、どれだけ印象変えられる?【スーツの着回し1週間チャレンジ!_グジ編】

Facebook
Twitter
【スーツの着回し1週間チャレンジ!】グジ編は6月10日(月)~6月16日(日)の7日間

スーツ+αの全24アイテムを着回しながら、1週間でどれだけイメージを変えられるかチャレンジ!

仕事服のカジュアル化が進み、休日服との境目があいまいになりつつある今は、ファッションを比較的自由に楽しめる好機ともいえる。そんなボーダーレスな勝負服が手に入るのが、京都発のセレクトショップ「グジ」。チャールズ & レイ・イームズの言葉「Take Your Pleasure Seriously(楽しいことを真剣に)」をコンセプトに掲げ、仕事にも遊びにも全力投球する人に最適な、ほんのり艶っぽいベーシックアイテムが揃う。今回は東京店のアシスタントバイヤー小林 豪さんがアイテムを選りすぐり、都心で暮らすミドルエイジのための粋な1週間コーディネートを提案。グジ編は6月10日(月)~6月16日(日)の7日間、毎日更新予定だ。

使用アイテムリスト
<b>1.リングヂャケット×サロット ディ グジのネイビースーツ</b><br />日本のテーラー、リングヂャケットと作った、一年中着られるベーシックなネイビースーツ。着丈やシルエットで今どきに仕上げた自信作で、好評により定番商品化。9万円(グジ東京)

1.リングヂャケット×サロット ディ グジのネイビースーツ
日本のテーラー、リングヂャケットと作った、一年中着られるベーシックなネイビースーツ。着丈やシルエットで今どきに仕上げた自信作で、好評により定番商品化。9万円(グジ東京)

<b>2.バルバのブラウンスーツ</b><br />微かにオリーブグリーンを混ぜたような独自のブラウンがスタイリッシュ。スマートで洗練されたバルバ独自のシルエットも、都会の風景によく馴染む。14万8000円(グジ東京)

2.バルバのブラウンスーツ
微かにオリーブグリーンを混ぜたような独自のブラウンがスタイリッシュ。スマートで洗練されたバルバ独自のシルエットも、都会の風景によく馴染む。14万8000円(グジ東京)

<b>3.ベルヴェストのウインドウペーンジャケット</b><br />軽量ジャケットの先駆的モデル「ジャケット・イン・ザ・ボックス」の新作は、グレーの濃淡で構成された気品あふれるチェック柄。素材はリネンウールで涼しく着られる。21万円(グジ東京)

3.ベルヴェストのウインドウペーンジャケット
軽量ジャケットの先駆的モデル「ジャケット・イン・ザ・ボックス」の新作は、グレーの濃淡で構成された気品あふれるチェック柄。素材はリネンウールで涼しく着られる。21万円(グジ東京)

<b>4.タリアトーレのコットンストレッチジャケット</b><br />昨年好評だった軽量ジャケット「ダカール」が今年も登場。ストレッチが利いたサラサラのシアサッカー生地は、やみつきの着心地。見た目はウールのようなきちんと感があり、ビジネスシーンにも活用できる。7万9000円(グジ東京)

4.タリアトーレのコットンストレッチジャケット
昨年好評だった軽量ジャケット「ダカール」が今年も登場。ストレッチが利いたサラサラのシアサッカー生地は、やみつきの着心地。見た目はウールのようなきちんと感があり、ビジネスシーンにも活用できる。7万9000円(グジ東京)

<b>5.タリアトーレのコットンストレッチパンツ</b><br />脚が無理なくほっそり見える大人のスリムシルエットに、ストレッチの利いたシアサッカー生地を融合。4のジャケットとセット使いしても、単品使いでも着用映えする。3万円(グジ東京)

5.タリアトーレのコットンストレッチパンツ
脚が無理なくほっそり見える大人のスリムシルエットに、ストレッチの利いたシアサッカー生地を融合。4のジャケットとセット使いしても、単品使いでも着用映えする。3万円(グジ東京)

<b>6.バルバのボタンダウンシャツ</b><br />ボタンダウンシャツによく使われるピンオックスフォード生地で仕立てたシャツは、トラッドすぎない少しくだけた雰囲気が使い回しやすく、ノーネクタイでも決まる。3万1000円(グジ東京)

6.バルバのボタンダウンシャツ
ボタンダウンシャツによく使われるピンオックスフォード生地で仕立てたシャツは、トラッドすぎない少しくだけた雰囲気が使い回しやすく、ノーネクタイでも決まる。3万1000円(グジ東京)

<b>7.フランコ バッシのジャカードネクタイ</b><br />コーディネートしやすいネイビーを基調に、ターコイズブルーでアクセントをプラス。ありきたりのようで実は着用映えする配色センスはさすが。光沢も抑えられ、涼しげに見える。1万6000円(グジ東京)

7.フランコ バッシのジャカードネクタイ
コーディネートしやすいネイビーを基調に、ターコイズブルーでアクセントをプラス。ありきたりのようで実は着用映えする配色センスはさすが。光沢も抑えられ、涼しげに見える。1万6000円(グジ東京)

<b>8.ドレイクスのストライプネクタイ</b><br />幅広ストライプ=派手は思い込み。ドレイクス製は配色のセンスがずば抜けており、見た目はインパクトがあるものの、実際はとても調和をとりやすい。1万9000円(グジ東京)

8.ドレイクスのストライプネクタイ
幅広ストライプ=派手は思い込み。ドレイクス製は配色のセンスがずば抜けており、見た目はインパクトがあるものの、実際はとても調和をとりやすい。1万9000円(グジ東京)

<b>9.ソッツィのシルクニットネクタイ</b><br />イタリアのニット専門ブランドが手掛けるニットネクタイは、グジのロングセラー。発色の良いシルク糸を使い、立体的に編まれているため、結んだときの表情がいい。イタリア製ながら納得できる価格もリピーターを生んでいる。1万1000円(グジ東京)

9.ソッツィのシルクニットネクタイ
イタリアのニット専門ブランドが手掛けるニットネクタイは、グジのロングセラー。発色の良いシルク糸を使い、立体的に編まれているため、結んだときの表情がいい。イタリア製ながら納得できる価格もリピーターを生んでいる。1万1000円(グジ東京)

<b>10.グランサッソのコットンポロシャツ</b><br />一見ベーシックだが、パターンやシルエットを研究しつくしたポロシャツは、よくあるポロシャツとは一線を画すオーラを発揮。気付いたらよく着ている。そんな、この夏の定番になるだろう。2万4000円(グジ東京)

10.グランサッソのコットンポロシャツ
一見ベーシックだが、パターンやシルエットを研究しつくしたポロシャツは、よくあるポロシャツとは一線を画すオーラを発揮。気付いたらよく着ている。そんな、この夏の定番になるだろう。2万4000円(グジ東京)

<b>11.メゾン コルニションのボーダーカットソー</b><br />イタリアのカットソー専業ブランド。古い編み機でゆっくり編み上げた生地は、上質なカットソー生地特有の落ち感が美しい。マリンすぎずカジュアルすぎないため、大人も安心して着られる。1万3000円(グジ東京)

11.メゾン コルニションのボーダーカットソー
イタリアのカットソー専業ブランド。古い編み機でゆっくり編み上げた生地は、上質なカットソー生地特有の落ち感が美しい。マリンすぎずカジュアルすぎないため、大人も安心して着られる。1万3000円(グジ東京)

<b>12.991のオフ白ニット</b><br />紡績・ニットメーカーの佐藤繊維が手掛ける「ナインナインティワン/キューキューイチ」。Tシャツ感覚で着られるウール100%のニットは、防臭加工済でニオイ対策も。洗い込んでも糸の風合いが変わりにくい、ウェイプリル加工も施されている。2万2000円(グジ東京)

12.991のオフ白ニット
紡績・ニットメーカーの佐藤繊維が手掛ける「ナインナインティワン/キューキューイチ」。Tシャツ感覚で着られるウール100%のニットは、防臭加工済でニオイ対策も。洗い込んでも糸の風合いが変わりにくい、ウェイプリル加工も施されている。2万2000円(グジ東京)

<b>13.ベグ&コーのドット柄カシミアスカーフ</b><br />
スコットランドの老舗が手掛けるカシミアスカーフは、しなやかな風合いが首元に華やぎをプラス。イタリアの職人による手刷りのドットパターンも雰囲気がある。48×48cm。3万1000円(グジ東京)

13.ベグ&コーのドット柄カシミアスカーフ
スコットランドの老舗が手掛けるカシミアスカーフは、しなやかな風合いが首元に華やぎをプラス。イタリアの職人による手刷りのドットパターンも雰囲気がある。48×48cm。3万1000円(グジ東京)

<b>14.グランサッソのネイビーカーディガン</b><br />昨今主流になりつつあるボタンのないカーディガン。こちらは立てたり、折り返したりと、アレンジが利く小ぶりのショールカラー。メンズでは珍しい少し長めのセミロング丈も優雅。3万3000円(グジ東京)

14.グランサッソのネイビーカーディガン
昨今主流になりつつあるボタンのないカーディガン。こちらは立てたり、折り返したりと、アレンジが利く小ぶりのショールカラー。メンズでは珍しい少し長めのセミロング丈も優雅。3万3000円(グジ東京)

<b>15.バグッタのブラウンジャケット</b><br />Gジャン風のデザインが着回しやすいリネンのシャツジャケットは、夏の冷房よけに最適。少しゆとりをもたせた最旬シルエットなので、羽織るだけでこなれた雰囲気に仕上がる。2万5000円(グジ東京)

15.バグッタのブラウンジャケット
Gジャン風のデザインが着回しやすいリネンのシャツジャケットは、夏の冷房よけに最適。少しゆとりをもたせた最旬シルエットなので、羽織るだけでこなれた雰囲気に仕上がる。2万5000円(グジ東京)

<b>16.インコテックスのグレーパンツ</b><br />
撥水性や伸縮性に優れたテクノウール採用の高機能パンツ。化繊混のイージーケアパンツながら高級感があり、梅雨から夏にかけて活躍しそう。シワになりにくいので出張にもおすすめだ。3万7000円(グジ東京)

16.インコテックスのグレーパンツ
撥水性や伸縮性に優れたテクノウール採用の高機能パンツ。化繊混のイージーケアパンツながら高級感があり、梅雨から夏にかけて活躍しそう。シワになりにくいので出張にもおすすめだ。3万7000円(グジ東京)

<b>17.マンドのネイビーサルエルパンツ</b><br />リラックスパンツの代表格であるサルエルパンツを、シャドーストライプのレーヨンコットン生地と、ウエストのタックでスラックス風に仕立てた新感覚パンツ。コーディネートに新しい風を吹き込んでくれる。3万2000円(グジ東京)

17.マンドのネイビーサルエルパンツ
リラックスパンツの代表格であるサルエルパンツを、シャドーストライプのレーヨンコットン生地と、ウエストのタックでスラックス風に仕立てた新感覚パンツ。コーディネートに新しい風を吹き込んでくれる。3万2000円(グジ東京)

<b>18.アントレ アミのウォッシュデニム</b><br />
今季注目のブリーチウォッシュデニム。なかでもこちらはケミカルな印象が控えめ。ヒップポケットはスラックスのような玉縁ポケットで後ろ姿も上品。2万6000円(グジ東京)

18.アントレ アミのウォッシュデニム
今季注目のブリーチウォッシュデニム。なかでもこちらはケミカルな印象が控えめ。ヒップポケットはスラックスのような玉縁ポケットで後ろ姿も上品。2万6000円(グジ東京)

<b>19.ダミーコのスエードベルト</b><br />シンプルでも気の利いたデザインで、品質も兼ね備えているベルトといえばダミーコ。グジがセレクトしたこちらは、ビジネスにも休日にも使えるバックルで使い勝手がいい。1万5000円(グジ東京)

19.ダミーコのスエードベルト
シンプルでも気の利いたデザインで、品質も兼ね備えているベルトといえばダミーコ。グジがセレクトしたこちらは、ビジネスにも休日にも使えるバックルで使い勝手がいい。1万5000円(グジ東京)

<b>20.ファロルニのレザートート</b><br />イントレチャート(編み革)のバッグが得意なイタリアのトスカーナのブランドは、某有名メゾンの編み革バッグも手掛けた真の実力派。縦26×横37×マチ17cm。17万円(グジ東京)

20.ファロルニのレザートート
イントレチャート(編み革)のバッグが得意なイタリアのトスカーナのブランドは、某有名メゾンの編み革バッグも手掛けた真の実力派。縦26×横37×マチ17cm。17万円(グジ東京)

<b>21.ボードイン&ランジのベルジャンシューズ</b><br />今注目のベルジャンシューズが揃う英国ブランド。一見華奢だが、シャープでエレガントなルックスは、足元に新鮮味をもたらしてくれる。7万5000円(グジ東京)

21.ボードイン&ランジのベルジャンシューズ
今注目のベルジャンシューズが揃う英国ブランド。一見華奢だが、シャープでエレガントなルックスは、足元に新鮮味をもたらしてくれる。7万5000円(グジ東京)

<b>22.フラテッリ ジャコメッティのモンクストラップシューズ </b><br />
アルプスを臨むイタリア北部発のブランド。登山靴の技術をいかした堅牢な作りと、イタリア靴らしい端正なルックスが融合。足馴染みもよく、あまりの心地良さと使い勝手の良さにヘビーユースは確実。9万5000円(グジ東京)

22.フラテッリ ジャコメッティのモンクストラップシューズ
アルプスを臨むイタリア北部発のブランド。登山靴の技術をいかした堅牢な作りと、イタリア靴らしい端正なルックスが融合。足馴染みもよく、あまりの心地良さと使い勝手の良さにヘビーユースは確実。9万5000円(グジ東京)

<b>23.サントーニのグルカシューズ</b><br />同ブランドで人気のダブルモンクストラップを、サンダル風のデザインに昇華。肌が露出しすぎないため、一般的なグルカサンダルよりも汎用性が高い。9万5000円(グジ東京)

23.サントーニのグルカシューズ
同ブランドで人気のダブルモンクストラップを、サンダル風のデザインに昇華。肌が露出しすぎないため、一般的なグルカサンダルよりも汎用性が高い。9万5000円(グジ東京)

<b>24.コントレ アリーのラフィアスリッポン</b><br />ラフィア素材のスリッポンは、サンダルのように肌を露出しすぎることなく、涼しげかつエレガントな足元を演出できる。アッパーのグリーンも良き差し色になる。3万9000円(グジ東京)

24.コントレ アリーのラフィアスリッポン
ラフィア素材のスリッポンは、サンダルのように肌を露出しすぎることなく、涼しげかつエレガントな足元を演出できる。アッパーのグリーンも良き差し色になる。3万9000円(グジ東京)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop