「仕事靴として使えるスニーカー」、選びのポイントはココだ!

Facebook
Twitter
黒スニーカー
黒スニーカー
靴3万9000円/シーキューピー(アイネックス) スーツ12万9000円/ラルディーニ(ビームス 六本木ヒルズ) 鞄2万9000円/ブルックス イングランド(ブリティッシュメイド 銀座店) その他<スタイリスト私物>

自転車通勤やリモートワークなどに適した装いとして、スーツにリュックなど、通勤スタイルがフレキシブルになってきた昨今。ビジネスシーンに求められる化繊系の軽量ストレッチスーツやジャージー素材のイージースーツには、あまりにかっちりとしたドレス靴は少々ミスマッチ。自転車を漕いだり、朝カツしたりたくさん歩いたり......というようなビジカジスタイルに合わせるなら、やはり足元も軽快なスニーカーテイストがバランス良く見える。とはいえ、白や色モノだと仕事で履くにはちょっとカジュアルすぎる不安も。そこで注目したいのが、ソールやステッチなどまで「オールブラック」のスニーカー。カジュアル化が加速する昨今のビジネスシーンでは、レザースニーカーでも落ち着いて見える黒一色のモノを選んでおくと、大人っぽさもしっかり保てる。

<strong>リーガル</strong></br>上質なレザーを採用したシンプルなアッパーに、程よく厚みのあるアウトソールがモ
ダンな雰囲気を演出する。アッパー、ソール、ライニングまで、全てブラックでまとめたシックなレザースニーカーは、サイドの切り替えが適度なアクセントに。スタイルを選ばず幅広い着こなしに馴染む。1万8000円(リーガルコーポレーション)

リーガル
上質なレザーを採用したシンプルなアッパーに、程よく厚みのあるアウトソールがモ ダンな雰囲気を演出する。アッパー、ソール、ライニングまで、全てブラックでまとめたシックなレザースニーカーは、サイドの切り替えが適度なアクセントに。スタイルを選ばず幅広い着こなしに馴染む。1万8000円(リーガルコーポレーション)

<strong>コール ハーン</strong></br>足をソフトに包み込むような究極のフィット感を追求した「3.ゼログランド」。土踏まず部分を大きく湾曲させ、爪先から踵まで足裏をしっかりサポートする新型フィットシャーシーサポートフレームが、衝撃吸収や柔軟性を高める。クラシックなウイングチップの表情も洒落た印象だ。4万7000円(コール ハーン ジャパン)

コール ハーン
足をソフトに包み込むような究極のフィット感を追求した「3.ゼログランド」。土踏まず部分を大きく湾曲させ、爪先から踵まで足裏をしっかりサポートする新型フィットシャーシーサポートフレームが、衝撃吸収や柔軟性を高める。クラシックなウイングチップの表情も洒落た印象だ。4万7000円(コール ハーン ジャパン)

<strong>ロックポート</strong></br>ロックポート独自のクッション材、トゥルーテックが踵への衝撃を吸収し、内臓されたTPUプレートが歩行時の左右のブレを軽減するので、長時間の着用でも疲れにくい。エレガントな見た目を崩さないデザインのヒドゥンゴアの採用で、歩行時のフィット感も格段にアップしている。2万3000円(ロックポート ジャパンお客様窓口)

ロックポート
ロックポート独自のクッション材、トゥルーテックが踵への衝撃を吸収し、内臓されたTPUプレートが歩行時の左右のブレを軽減するので、長時間の着用でも疲れにくい。エレガントな見た目を崩さないデザインのヒドゥンゴアの採用で、歩行時のフィット感も格段にアップしている。2万3000円(ロックポート ジャパンお客様窓口)

<strong>ジェイド</strong></br>髙島屋が、靴作りのマドラス、アウトソールメーカーのヴィブラム、アパレルのナイ
ガイの4社WO束ねて開発したスニーカー。牛革のアッパーは、ダイヤルを回すだけで調整できる「Boaフィットシステム」。驚異のグリップ性を発揮する「Vibram®MEGAGRIP」と軽量でクッション性に優れた「Vibram®MORFLEX」を組み合わせた独自のアウトソールで快適な歩行を約束する。2万円(日本橋髙島屋S.C.本館6階紳士靴売場)

ジェイド
髙島屋が、靴作りのマドラス、アウトソールメーカーのヴィブラム、アパレルのナイ ガイの4社WO束ねて開発したスニーカー。牛革のアッパーは、ダイヤルを回すだけで調整できる「Boaフィットシステム」。驚異のグリップ性を発揮する「Vibram®MEGAGRIP」と軽量でクッション性に優れた「Vibram®MORFLEX」を組み合わせた独自のアウトソールで快適な歩行を約束する。2万円(日本橋髙島屋S.C.本館6階紳士靴売場)

<strong>ブルーオーバー</strong></br>タンニンなめしの施されたシュリンク革のアッパーが包み込まれるようなソフトな履き心地を実現する。風合いを存分に楽しめる一枚革のアッパーは、履き込んでいくほどに足に馴染み、落ち着いた色合いへと経年変化していく。全ての工程を職人が手作業で、専用マシンなどを駆使しながら製作する。2万8000円(ストラクト)

ブルーオーバー
タンニンなめしの施されたシュリンク革のアッパーが包み込まれるようなソフトな履き心地を実現する。風合いを存分に楽しめる一枚革のアッパーは、履き込んでいくほどに足に馴染み、落ち着いた色合いへと経年変化していく。全ての工程を職人が手作業で、専用マシンなどを駆使しながら製作する。2万8000円(ストラクト)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop