【スーツの着回し1週間チャレンジ!】高島屋編は5月13日(月)~5月19日(日)の7日間

Facebook
Twitter
fashion_190423_mixandmatch_01.jpg

スーツ+αの全24アイテムを着回しながら、1週間でどれだけイメージを変えられるかチャレンジ!

4月から有給休暇の取得が義務化され、働き方改革だけでなく休み方改革も進むなか、ビジネスにレジャーを組み合わせた「ブリージャー」が注目されている。国内外の出張を終えた足で遊びに繰り出すというこの出張休暇は、今後ビジネスパーソンの新定番になるだろう。今回の着回し企画では、そんな新しいライフスタイルに合わせたワードローブを高島屋 MD本部の北原 大さんが提案。出張がちなジェットセッターを想定し、仕事と遊びを柔軟に行き来できる初夏のクールビズスタイルを披露してくれた。高島屋編は5月13日(月)~5月19日(日)の1週間、毎日更新予定だ。

使用アイテムリスト
<b>1.タカシマヤの紺シルクセットアップスーツ</b><br />人の動きにフィットする動体裁断のセットアップスーツは、シルクハニカムのジャージー素材で、軽くてシワになりにくい通気性抜群のノンストレス仕様。しかも不意の雨にも対応する撥水性を持ち、家でも洗えるという優れもの。夏場にスーツを着なければならない日も、こんな一着なら終日快適に過ごせるはずだ。7万4000円(新宿高島屋)

1.タカシマヤの紺シルクセットアップスーツ
人の動きにフィットする動体裁断のセットアップスーツは、シルクハニカムのジャージー素材で、軽くてシワになりにくい通気性抜群のノンストレス仕様。しかも不意の雨にも対応する撥水性を持ち、家でも洗えるという優れもの。夏場にスーツを着なければならない日も、こんな一着なら終日快適に過ごせるはずだ。7万4000円(新宿高島屋)

<b>2.タカシマヤ スタイルオーダー サロンのグレースーツ</b><br />チェンジポケット付きのジャケットと、腰回りに2プリーツを施したサイドベルト付きパンツのセット。一着はほしいこんなクラシックなスーツをジャストサイズで作れるのが、高島屋のスタイルオーダーの強み。基本料金8万9000円+パンツ脇尾錠2000円<オーダー価格>(新宿高島屋)

2.タカシマヤ スタイルオーダー サロンのグレースーツ
チェンジポケット付きのジャケットと、腰回りに2プリーツを施したサイドベルト付きパンツのセット。一着はほしいこんなクラシックなスーツをジャストサイズで作れるのが、高島屋のスタイルオーダーの強み。基本料金8万9000円+パンツ脇尾錠2000円<オーダー価格>(新宿高島屋)

<b>3.タカシマヤ スタイルオーダー サロンのコットンセットアップスーツ</b><br />ベージュのコットンスーツは見た目に涼しげ。淡色ならではの華やかさもあるため、夜の会食やパーティなどにも対応。こちらはダブルスーツで7万4000円~オーダー可能。<オーダー価格>(新宿高島屋)

3.タカシマヤ スタイルオーダー サロンのコットンセットアップスーツ
ベージュのコットンスーツは見た目に涼しげ。淡色ならではの華やかさもあるため、夜の会食やパーティなどにも対応。こちらはダブルスーツで7万4000円~オーダー可能。<オーダー価格>(新宿高島屋)

<b>4. ラルディーニのストライプジャケット</b><br />茶のジャケットやスーツは今年のトレンド。こちらのコットンリネンジャケットは、茶×ブルーの定番色ストライプが汎用性高し。紺とグレーに加えてこんな茶のジャケットもあると、ジャケパンスタイルに変化をつけられる。10万3000円(新宿高島屋)

4. ラルディーニのストライプジャケット
茶のジャケットやスーツは今年のトレンド。こちらのコットンリネンジャケットは、茶×ブルーの定番色ストライプが汎用性高し。紺とグレーに加えてこんな茶のジャケットもあると、ジャケパンスタイルに変化をつけられる。10万3000円(新宿高島屋)

<b>5.エリコ フォルミコラのシャツジャケット</b><br />4ポケットが良きアクセントとなり、Tシャツに羽織るだけで決まるリネン素材のシャツジャケット。シャツ以上、ジャケット未満の適度なリラックス感は、ブリージャースタイルに◎。3万8000円(新宿高島屋)

5.エリコ フォルミコラのシャツジャケット
4ポケットが良きアクセントとなり、Tシャツに羽織るだけで決まるリネン素材のシャツジャケット。シャツ以上、ジャケット未満の適度なリラックス感は、ブリージャースタイルに◎。3万8000円(新宿高島屋)

<b>6.タカシマヤ スタイルオーダー サロンのストライプシャツ</b><br />爽やかな紺×白のストライプ柄は、脇汗が目立ちにくいメリットもある。ワイドカラーなのでノータイはもちろん、ネクタイを結んでも様になる。9000円~(新宿高島屋)

6.タカシマヤ スタイルオーダー サロンのストライプシャツ
爽やかな紺×白のストライプ柄は、脇汗が目立ちにくいメリットもある。ワイドカラーなのでノータイはもちろん、ネクタイを結んでも様になる。9000円~(新宿高島屋)

<b>7.CHOYA1886の白シャツ</b><br />軽装になるクールビズシーズンは、一枚でも勝負できるちょっといいシャツも揃えておきたい。日本の老舗シャツファクトリーが手掛けるこちらは、日本の綿を使い、日本製にこだわった「Jクオリティー」認証の逸品。1万3000円(新宿高島屋)

7.CHOYA1886の白シャツ
軽装になるクールビズシーズンは、一枚でも勝負できるちょっといいシャツも揃えておきたい。日本の老舗シャツファクトリーが手掛けるこちらは、日本の綿を使い、日本製にこだわった「Jクオリティー」認証の逸品。1万3000円(新宿高島屋)

<b>8.ロバートフレイザーの紺ストライプネクタイ</b><br />ガーゼのよう薄手で柔らかいガルザタイは、高温多湿な日本の気候を生き抜くための生活の知恵。白×紺のストライプ柄ならきちんと感も醸し出せる。1万円(新宿高島屋)         

8.ロバートフレイザーの紺ストライプネクタイ
ガーゼのよう薄手で柔らかいガルザタイは、高温多湿な日本の気候を生き抜くための生活の知恵。白×紺のストライプ柄ならきちんと感も醸し出せる。1万円(新宿高島屋)         

<b>9.ロバートフレイザーのドットニットネクタイ</b><br />通気性良好なシルク素材のニットネクタイも、夏場のタイドアップ時の救世主。ニット素材で伸縮性もあるため、首の苦しさからも開放してくれる。1万円(新宿高島屋)

9.ロバートフレイザーのドットニットネクタイ
通気性良好なシルク素材のニットネクタイも、夏場のタイドアップ時の救世主。ニット素材で伸縮性もあるため、首の苦しさからも開放してくれる。1万円(新宿高島屋)

<b>10.コルポイパネマの開襟シャツ</b><br />人気再燃中のオープンカラーシャツ。メッシュのコットン素材で仕立てたこちらは熱気がこもりにくく、不快指数の高い梅雨時も快適に過ごせそう。8800円(新宿高島屋)         

10.コルポイパネマの開襟シャツ
人気再燃中のオープンカラーシャツ。メッシュのコットン素材で仕立てたこちらは熱気がこもりにくく、不快指数の高い梅雨時も快適に過ごせそう。8800円(新宿高島屋)         

<b>11.08サーカスの半袖ストライプシャツ</b><br />多くのブランドでチーフデザイナーを務め、パリでも認められた森下公則氏が手掛けるゼロハチサーカスには、気の利いたシンプル服が充実。裾を絞れる比翼仕立てのシアサッカーシャツは、トップス一枚でもこなれた雰囲気に仕上がる。3万1000円(新宿高島屋)

11.08サーカスの半袖ストライプシャツ
多くのブランドでチーフデザイナーを務め、パリでも認められた森下公則氏が手掛けるゼロハチサーカスには、気の利いたシンプル服が充実。裾を絞れる比翼仕立てのシアサッカーシャツは、トップス一枚でもこなれた雰囲気に仕上がる。3万1000円(新宿高島屋)

<b>12.ハンドルームの白カットソー</b><br />妥協なきデイリーウェアにこだわるメイド・イン・ジャパンブランド。モダンで着心地の良い洗練のパターンメイキングは、ごくシンプルなヘビーウェイトのカットソーにも遺憾なく発揮されている。7800円(新宿高島屋)

12.ハンドルームの白カットソー
妥協なきデイリーウェアにこだわるメイド・イン・ジャパンブランド。モダンで着心地の良い洗練のパターンメイキングは、ごくシンプルなヘビーウェイトのカットソーにも遺憾なく発揮されている。7800円(新宿高島屋)

<b>13.ロベルトコリーナのニットポロ</b><br />手頃なトレンドニットが揃う人気のイタリアブランド。繊細なニットポロは、いかにも育ちが良さそうで一枚でも着用映えする。深く美しいターコイズブルーは、差し色としても活躍。2万6000円(新宿高島屋)

13.ロベルトコリーナのニットポロ
手頃なトレンドニットが揃う人気のイタリアブランド。繊細なニットポロは、いかにも育ちが良さそうで一枚でも着用映えする。深く美しいターコイズブルーは、差し色としても活躍。2万6000円(新宿高島屋)

<b>14.キンロックのシルクスカーフ</b><br />サボテンやトカゲ、アルマジロなどファニーな絵柄をプリントした、人気者になれそうなシルクスカーフ。66×66cmの手頃なサイズも使い勝手がいい。2万円(新宿高島屋)

14.キンロックのシルクスカーフ
サボテンやトカゲ、アルマジロなどファニーな絵柄をプリントした、人気者になれそうなシルクスカーフ。66×66cmの手頃なサイズも使い勝手がいい。2万円(新宿高島屋)

<b>15.08サーカスのグレーパンツ</b><br />通勤にも使えるグレースラックスは、じつはウエストがゴムになったラクチン仕様。ジップポケットを財布代わりに使えば、手ぶらで外出もできる。3万4000円(新宿高島屋)

15.08サーカスのグレーパンツ
通勤にも使えるグレースラックスは、じつはウエストがゴムになったラクチン仕様。ジップポケットを財布代わりに使えば、手ぶらで外出もできる。3万4000円(新宿高島屋)

<b>16.PT01のブルーデニムパンツ</b><br />腰回りに1プリーツを加えてゆとりをもたせた、キャロットフィットのトレンドスラックス。スラックスとはいえ生地はデニムなので、きれいめなデニム感覚で休日にも着回せる。3万8000円(新宿高島屋)

16.PT01のブルーデニムパンツ
腰回りに1プリーツを加えてゆとりをもたせた、キャロットフィットのトレンドスラックス。スラックスとはいえ生地はデニムなので、きれいめなデニム感覚で休日にも着回せる。3万8000円(新宿高島屋)

<b>17.モンテコーレの紺レインコート</b><br />イタリアンデザインに防水・撥水・防風・通気性を加えた高機能なステンカラーコートは、憂鬱な梅雨の強い味方。裏地はメッシュなので蒸し蒸しする日も肌に張り付かない。フードはボタンで取り外し可能だ。10万円(新宿高島屋)

17.モンテコーレの紺レインコート
イタリアンデザインに防水・撥水・防風・通気性を加えた高機能なステンカラーコートは、憂鬱な梅雨の強い味方。裏地はメッシュなので蒸し蒸しする日も肌に張り付かない。フードはボタンで取り外し可能だ。10万円(新宿高島屋)

<b>18.パオロヴィターレの茶スエードベルト</b><br />トレンドを取り込むのが巧みなイタリアブランド。こちらのスエードベルトには編み込んだような模様が施され、初夏の軽装時のよきアクセントになる。1万4000円(新宿高島屋)

18.パオロヴィターレの茶スエードベルト
トレンドを取り込むのが巧みなイタリアブランド。こちらのスエードベルトには編み込んだような模様が施され、初夏の軽装時のよきアクセントになる。1万4000円(新宿高島屋)

<b>19.アンドレアロッシの2WAYバッグ</b><br />傷に強いサフィアーノレザーを採用したイタリア製のブリーフケース。ハンドルを本体に収納すればクラッチバッグとしても使える2WAY仕様。縦26×38×マチ3.5cm。3万6000円(新宿高島屋)

19.アンドレアロッシの2WAYバッグ
傷に強いサフィアーノレザーを採用したイタリア製のブリーフケース。ハンドルを本体に収納すればクラッチバッグとしても使える2WAY仕様。縦26×38×マチ3.5cm。3万6000円(新宿高島屋)

<b>20.ドゥカートディミラノの紺バックパック</b><br />レザー製のバックパックは、通勤からタウンユースまでカバー。背面にはメッシュ素材があしらわれ、ストラップもナイロン素材のため、汗をかいても快適に背負える。縦29×横39×マチ16cm。5万5000円(新宿高島屋)

20.ドゥカートディミラノの紺バックパック
レザー製のバックパックは、通勤からタウンユースまでカバー。背面にはメッシュ素材があしらわれ、ストラップもナイロン素材のため、汗をかいても快適に背負える。縦29×横39×マチ16cm。5万5000円(新宿高島屋)

<b>21.マリアフランチェスコの折り畳み傘</b><br />1854年にイタリアで創業した傘の老舗。レザーハンドルがエレガントな折り畳み傘は、シックな千鳥格子柄も格上に見せてくれる。英国紳士の傘のようにアクセサリー感覚で取り入れたい。2万9000円(新宿高島屋)

21.マリアフランチェスコの折り畳み傘
1854年にイタリアで創業した傘の老舗。レザーハンドルがエレガントな折り畳み傘は、シックな千鳥格子柄も格上に見せてくれる。英国紳士の傘のようにアクセサリー感覚で取り入れたい。2万9000円(新宿高島屋)

<b>22.デイビッドの黒ローファー</b><br />良心的価格の日本製ローファーは、ラバーソールで雨の日も気兼ねなく履けそう。ソールは厚さ3cm程もあり、スタイルよく見せてくれる点も見逃せない。1万9000円(新宿高島屋)

22.デイビッドの黒ローファー
良心的価格の日本製ローファーは、ラバーソールで雨の日も気兼ねなく履けそう。ソールは厚さ3cm程もあり、スタイルよく見せてくれる点も見逃せない。1万9000円(新宿高島屋)

<b>23.ヘンダーソンのダブルモンクストラップシューズ</b><br />見た目は表革製の本格靴だが、実はラバーソールのカジュアルシューズで、ほっとする履き心地。軽快なつくりなので、ノーネクタイのクールビズスタイルにもマッチする。8万4000円(新宿高島屋)  

23.ヘンダーソンのダブルモンクストラップシューズ
見た目は表革製の本格靴だが、実はラバーソールのカジュアルシューズで、ほっとする履き心地。軽快なつくりなので、ノーネクタイのクールビズスタイルにもマッチする。8万4000円(新宿高島屋)  

<b>24.ヘンダーソンの白レザースニーカー</b><br />凹凸のあるシボがリッチな印象の白レザースニーカーは、グレースエードであしらったブランドの頭文字「H」がアクセント。大人服の定番色であるグレーやネイビーとも相性がいい。7万5000円(新宿高島屋)

24.ヘンダーソンの白レザースニーカー
凹凸のあるシボがリッチな印象の白レザースニーカーは、グレースエードであしらったブランドの頭文字「H」がアクセント。大人服の定番色であるグレーやネイビーとも相性がいい。7万5000円(新宿高島屋)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop