エルメネジルド ゼニアの「トロフェオ」は、何故ひと目で「いいスーツ」と分かる?

Facebook
Twitter

ERMENEGILDO ZEGNA / エルメネジルド ゼニア

エルメネジルド ゼニアのスーツ
スーツ45万円、シャツ5万円、タイ2万4000円/エルメネジルドゼニア(ゼニアカスタマーサービス)時計271万円/ヴァシュロン・コンスタンタン(ヴァシュロン・コンスタンタン)

伝統ある「トロフェオ」がシルク混紡で極上増しに

極細番手のシルクを混紡することで、みずみずしい光沢と抜群の滑らかさを備えた「トロフェオ600」の生地。肩パッドや芯地を軽めにしたモデル「ミラノイージー」で仕立てることで、生地のとろっとした柔らかさがより際立つ。

ひと目でわかる"極上"を纏ってみる

生地が変わればスーツの表情は一変する。着る人を折り目正しい印象に見せるシンプルな無地スーツ。真面目な人柄をアピールするには最適だが、スーツがもつモノとしての魅力や色気を愉しむには、少しもの足りない。そこで今まで着たことがない、極上の生地を纏ってみてはどうだろうか。

例えばエルメネジルドゼニアのシルク混の「トロフェオ600」。シワさえ美しく魅せるドレープや高級なツヤ感。その格別の上質さは、いつもの自分とは一味違ってより風格を感じさせる人物に見せてくれるだろう。

伝統あるゼニアの名作生地ならではのひと目でわかる極上感。その一流に触れながら日常を過ごすことで、いつの間にか一流の佇まいをも身につける。進化する男の新たなスーツ体験に挑戦してほしい。



※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2019年5月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop