トラウザーズ職人も惚れこむ、「レクトゥール」の高精度なメイド・トゥ・メジャーとは?

Facebook
Twitter

口には出さないけれど、心の中では敬服...優れた職人どうしには、そんな密かなシンパシーがある。それは作るモノが違ってもしかり。2018年の終わり、照れる彼らに"ここには惚れた"を告白してもらった。


五十嵐 徹(トラウザーズ職人/五十嵐トラウザーズ)
loves 五十嵐裕基(レクトゥール)

五十嵐トラウザーズ五十嵐 徹さん
五十嵐 徹(トラウザーズ職人/五十嵐トラウザーズ)

「ビスポークのムードを感じさせる、非常に高精度なメイド・トゥ・メジャー」(徹さん)

日本だけでなくアジアでのトランクショーでも大人気。トラウザーズ職人の星・五十嵐 徹氏だが、実は彼の兄もテーラーを営んでいる。「兄はあえてビスポークではなく、メイド・トゥ・メジャーを柱に勝負して います。ですが、フィッティングの精度が高く、オプションで仮縫いも付けられます。仕立てのムードもビスポークのそれを上手く盛り込んでいて、職人目線で見てもいい雰囲気ですね」(徹さん)



レクトゥール五十嵐裕基さん
五十嵐裕基(レクトゥール)

「本当にご満足いただくため細かなリクエストにもお応えします」(裕基さん)

「もともとセレクトショップの販売員をしていて、色々な服に触れてきました。中でもナポリのビスポークスーツが好きで、その雰囲気を入門価格から体験いただけるよう、苦心して開発したのが今のハウスモデルです。通常MTMでは難しい細かな調整も、可能な限りお応えするようにしています。小さなテーラーですが、だからこそお客様のご要望に最大限沿うことができます。オーダーは初めてという方も、是非お気軽にご予約いただきたいですね」(裕基さん)

<strong>ビスポークムードなフロントダーツ</strong><br>
前身頃のダーツは片倒しにしたうえでAMFステッチをかけている。ハンドクラフト的な温もりを感じさせる意匠で、ビスポーク的な雰囲気に。

ビスポークムードなフロントダーツ
前身頃のダーツは片倒しにしたうえでAMFステッチをかけている。ハンドクラフト的な温もりを感じさせる意匠で、ビスポーク的な雰囲気に。

<strong>ふわっと柔らかいナポリ的仕立て</strong><br>
肩回りは非常に軽く柔らか。芯地は極薄のものを用い、ゆき綿も省いている。ふんわりとした袖付けもナポリ的だ。ゴージは低めが基本スタイル。

ふわっと柔らかいナポリ的仕立て
肩回りは非常に軽く柔らか。芯地は極薄のものを用い、ゆき綿も省いている。ふんわりとした袖付けもナポリ的だ。ゴージは低めが基本スタイル。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop