シューリペア職人、中川一康さんが惚れた「バタクのスーツ」の魅力とは?

Facebook
Twitter

口には出さないけれど、心の中では敬服...優れた職人どうしには、そんな密かなシンパシーがある。それは作るモノが違ってもしかり。2018年の終わり、照れる彼らに"ここには惚れた"を告白してもらった。


中川一康(シューリペア職人/ユニオンワークス)
loves 中寺広吉(バタク)

ユニオンワークス中川一康さん
中川一康(シューリペア職人/ユニオンワークス)

「中寺さんの感性、美意識、技術には全幅の信頼を置いています」(中川さん)

靴好きなら知らない人はいない、シューリペアの第一人者・中川氏。スリムな長身にビシッとスーツをまとった姿は雑誌などでお馴染みだ。氏のファンなら、そのスーツがバタクで誂えたものであることもご存じだろう。「もう20年ほど、スーツはバタク一筋です。オーナーでモデリストの中寺さんには全幅の信頼を置いていて、生地とスタイル以外はほぼお任せ。もちろん仕上がりは大満足です。スーツ自体が主張せず、最高の"額縁"となって私を引き立ててくれるのです。そして何といっても、中寺さんご自身が大変魅力的。彼の完璧な出で立ちにはいつも憧れています」(中川さん)



バタク中寺広吉さん
中寺広吉(バタク)

「端正な佇まいと、動いたときの美しさ、それを大事に作っています」(中寺さん)

「着た人が動いているときにこそ美しいスーツを目指しています。仕立ての基本は胸周りにゆとりを持たせ、腰から下を体に沿わせたドレープスーツ。また、見た目は端正でもソフトテーラリングを基本としています。実際着ていただければ、とても柔らかな着心地を感じていただけますよ」(中寺さん)

<strong>丸みを帯びた柔らかな肩周り</strong><br>
英国的な品格を薫らせつつも、柔らかい仕立てがバタクの基本。肩パッドは薄く、丸みを帯びたナチュラルショルダーが大変エレガントだ。

丸みを帯びた柔らかな肩周り
英国的な品格を薫らせつつも、柔らかい仕立てがバタクの基本。肩パッドは薄く、丸みを帯びたナチュラルショルダーが大変エレガントだ。

<strong>程よくゆとりを持たせたスリーブ</strong><br>
アームホール部分はフィットさせつつ、袖は適度なゆとりを持たせて仕立てている。動きに合わせて自然なドレープを生み、品格ある佇まいを演出。

程よくゆとりを持たせたスリーブ
アームホール部分はフィットさせつつ、袖は適度なゆとりを持たせて仕立てている。動きに合わせて自然なドレープを生み、品格ある佇まいを演出。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop