仕事時の接近戦に効くのは、イタリアらしいこんなスーツ!

Facebook
Twitter

秀逸なカッティングにより描き出される流麗な曲線美。そして、クラシックな仕立てをベースとした凛々しき構築美。いずれも着る者に勢いを宿らせてくれるような、独自の色気と力強さを加味した男らしいスーツだ。いつもとは違った自分を演出するには格好の武器となる。


スーツこそ、身体の美しさを引き立てる最良の仕事着

ビジネスマンにとってスーツは堅実な仕事着。それは、確かだ。ただ時にスーツは、曲線と直線をバランス良く組み合わせながら、男の色気や凛々しさを表現できるよう考えられた"演出着"にもなる。身体のラインに沿った服の無駄がなく美しい動きが、男としてのセクシーさに繋がっていくからだ。

ウエストに沿ったしなやかでダイナミックな曲線美が、いつも以上に己の色気を引き出してくれることもある。さらに、首から肩、ウエストにかけての丸い流麗なラインが強調されると、後ろ姿をより美しく見せることにも繋がる。ひとくちに色気といっても選ぶスーツによって、相手を惹き付ける魅力は様々だ。

スーツだからこそ、自分でも気づいていなかったセクシーさが引き出されることもあるのだ。



曲線を重ね合わせる多層の美
GABRIELE PASINI / ガブリエレ パジーニのスリーピーススーツ

ガブリエレ パジーニ
スーツ22万円(ストラスブルゴ) シャツ5万8000円/ハンドレッド ハンズ(バーニーズ ニューヨーク) タイ2万5000円/トゥモローランド(トゥモローランド) タイバー2万4000円/ディーキン&フランシス(ブリティッシュメイド 銀座店) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ) 時計329万円/ヴァシュロン・コンスタンタン(ヴァシュロン・コンスタンタン) ベルト〈スタイリスト私物〉

会食やデートがある日こそ、いつもと違った自分を演出できるスーツが欲しい

去り際までセクシー
去り際までセクシー

ナポリらしい11cm幅の太ラペルが特徴的な、迫力のあるシングルピークトラペルのスリーピース。首筋から襟先、そして胸下へ向かってゆったり弧を描くカッティングにパジーニ氏のこだわりが宿る。ジレのショールカラーと幾重にも重なる曲線美が印象的。随所に見られるハンドステッチの柔らかさも格別だ。


ガブリエレ・パジーニ氏

裁断の達人 / ガブリエレ・パジーニ氏

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop