腕時計界にビッグニュース! チュードル改めチューダーが遂に日本に正式上陸「バラ色時代の幕開けか」

Facebook
Twitter

待ってました!と歓喜の本邦本格上陸

間違いなく今年の日本時計界のビッグニュースのひとつだ。これまでも時計愛好家達から絶大な人気を誇ってきた"チュードル"が、今年、ブランド名を"チューダー"に変えて、日本に正式上陸する。

元々、英国のチューダー朝に由来するとあって、本来こちらが正式な呼び方。リューズには、象徴として王朝の紋であるバラが刻まれている。そして、卓越した技術を擁するロレックス社のアフターサービスを享受できることとなった。現代性と信頼性を備えた作りに加え、デザインや自社ムーブメント開発など独自路線も追求。さらにチューダー伝統のファブリックストラップは、"ハズシ"としての抜け感も。遊びとツウ好みな作りをもってして、これから新時代を築いていくことになるだろう。

TUDOR
チューダーのブラックベイ フィフティ-エイト

チューダーのブラックベイフィフティ-エイト
時計32万円(日本ロレックス) コート14万5000円/タリアトーレ(トレメッツォ) ニット3万9000円/ヘリテージ(カヴァレリア)

ゴールドレターや径39mmというサイズなど、ダイアルデザインは1950年代にチューダーが手がけたダイバーズウォッチからインスピレーションを得たもの。独自開発の自動巻きムーブメントMT5402を搭載。200m防水。SSケース×ファブリックストラップ。

オリジナリティとオマージュを巧みに融合

オリジナリティとオマージュを巧みに融合
右:ブラックベイ ダーク(SSブラックPVDコーティング×SSブラックPVDコーティングブレスレット)43万5000円
左:ブラックベイ GMT(SS×ファブリックストラップ)35万円(以上日本ロレックス)

12時位置の盾の紋章や、短針の"スノーフレーク"など、伝統のデザインを踏襲。共にブレスレットはSS、レザー、ファブリックの3タイプ。41mm径で約70時間パワーリザーブを持つ自社製ムーブメント搭載。



※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2018年11月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop