「ウールリッチ 青山店」で見つけた、顔立ちUPの品格ダウンジャケット4選

Facebook
Twitter
「ウールリッチ 青山店」で見つけた、顔立ちUPの品格ダウンジャケット4選

本格アウトドアウェアの風格を保ちながら都会的に着こなせる......。そんな優秀ダウンを直営店から厳選紹介。大きくファー付きとフードの2タイプに分かれるが、いずれも顔周りに絶妙なニュアンスがつくのが嬉しい。

LUX
ファーで魅せる上品さ

<b><font color=LP ARCTIC PARKA HC
ヘリテージな柄生地で旬のブリティッシュ気分
茶ベースのグレンチェック生地は、ロロ・ピアーナのストームシステム®。天然ウールの風合いはそのままに高い透湿防水性を実現。シックなウールコート感覚で纏えるアークティックパーカが好みなら最適だろう。毛足の長いコヨーテファーが装いにメリハリを足すアクセントに。25万円 "/>

LP ARCTIC PARKA HC
ヘリテージな柄生地で旬のブリティッシュ気分

茶ベースのグレンチェック生地は、ロロ・ピアーナのストームシステム®。天然ウールの風合いはそのままに高い透湿防水性を実現。シックなウールコート感覚で纏えるアークティックパーカが好みなら最適だろう。毛足の長いコヨーテファーが装いにメリハリを足すアクセントに。25万円

<b><font color=LUXURY ARCTIC PARKA DF
ダークトーンのファーが艶のある生地にマッチ
通常のアークティックパーカはやや武骨な60 / 40クロスを用いるが、こちらはより軽くてしなやか、そしてリッチな光沢に富んだ高密度なポリエステルを使用。加えて脱着式のファーにはダークなトーンに染め上げたラクーンの毛が使われ、とてもラグジュアリーな雰囲気に仕上がっている。11万円 "/>

LUXURY ARCTIC PARKA DF
ダークトーンのファーが艶のある生地にマッチ

通常のアークティックパーカはやや武骨な60 / 40クロスを用いるが、こちらはより軽くてしなやか、そしてリッチな光沢に富んだ高密度なポリエステルを使用。加えて脱着式のファーにはダークなトーンに染め上げたラクーンの毛が使われ、とてもラグジュアリーな雰囲気に仕上がっている。11万円

<b><font color=GTX URBAN COAT
すっきりした長丈が新鮮なスタイルを築く
こちらもゴアテックス生地を使用した新作。着丈が長いコートレングスだが、後ろ裾にはセンターベントを備えるため脚さばきも良好だ。フード内側には防寒性を高めるリブ襟を内蔵し、左腕にはロゴマークがさりげなくあしらわれている。こちらもオンオフ活用できる万能選手。14万円 "/>

GTX URBAN COAT
すっきりした長丈が新鮮なスタイルを築く

こちらもゴアテックス生地を使用した新作。着丈が長いコートレングスだが、後ろ裾にはセンターベントを備えるため脚さばきも良好だ。フード内側には防寒性を高めるリブ襟を内蔵し、左腕にはロゴマークがさりげなくあしらわれている。こちらもオンオフ活用できる万能選手。14万円

<b><font color=ARCTIC PARKA NF
襟のファーがない分よりスポーティなイメージ
フードのファーを省き、求めやすいプライスを実現したアークティックパーカ。襟周りが寂しく感じるかもしれないが、このフード自体にワイヤーが仕込まれているため、さまざまにニュアンスをつけられる。ご覧のようなビビッドな色を選び、トレンドのレトロアウトドアな雰囲気を楽しむのも一興だ。8万8000円 "/>

ARCTIC PARKA NF
襟のファーがない分よりスポーティなイメージ

フードのファーを省き、求めやすいプライスを実現したアークティックパーカ。襟周りが寂しく感じるかもしれないが、このフード自体にワイヤーが仕込まれているため、さまざまにニュアンスをつけられる。ご覧のようなビビッドな色を選び、トレンドのレトロアウトドアな雰囲気を楽しむのも一興だ。8万8000円

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop