エルメネジルド ゼニア、独自開発素材の今季イチオシはこの2つ!

Facebook
Twitter

様々な人生経験を積み、多くの服に袖を通してきた男が「嗜好」する服やモノとは、何だろうか。身に纏い同じ時を過ごすことで、そこに何を「思考」するのだろうか。王道の男が「シコウ」する本物に迫る。



エルメネジルド ゼニアで嗜好する本物とは―
独創される"ナチュラル"

世界屈指の名門ミルを経営する、「エルメネジルド ゼニア」。ランウェイを賑わすモードメゾンにして、クラシック好きの紳士からも愛される希有なブランドだが、その物作りの礎にあるのは、やはり天然素材だ。たとえばジャケットは、軽快な仕立てで生地のファインタッチが最大限に引き出される。自社の素材の魅力を最もよく知るのはブランド自身なのだ。

素材自体の開発にも余念がない。今季は、創業地トリヴェロの自然の色合いを天然染料のみを用いて表現した「オアジ カシミア」が登場。革を織って特許技術により布にした「ペッレ テスータ」コレクションも、充実を見せる。エルメネジルド ゼニアのワードローブ、それは素材からして独創的なクリエイションなのだ。



艶やかさとしなやかさが生む、至高のエレガンス
カシミア シルク ジャケット

カシミア シルク ジャケット
ジャケット36万4000円、ニット11万4000円、パンツ5万8000円/以上エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス) チーフ〈スタイリスト私物〉

ほんのり起毛したその生地は、カシミアへわずかにシルクを混紡したもの。カシミアの柔らかさと銀のようなシルクの光沢が相まって生まれる、優雅な表情に引き込まれる。そしてジャケットの軽やかな仕立てが、素材の魅力を一層際立たせるのだ。

ウールにアルパカ、カシミアをブレンドした素材「トロフェオ ツイード」を用いた一着だ。ハリの中にしなやかさを秘めたその生地は、いわゆるツイードよりも品のいいタッチ。切りっぱなし風のエッジがスポーティなアクセントに。29万9000円(ゼニア カスタマーサービス)

ウールにアルパカ、カシミアをブレンドした素材「トロフェオ ツイード」を用いた一着だ。ハリの中にしなやかさを秘めたその生地は、いわゆるツイードよりも品のいいタッチ。切りっぱなし風のエッジがスポーティなアクセントに。29万9000円(ゼニア カスタマーサービス)

ハリの中にしなやかさを秘めたトロフェオ ツイード

ハリの中にしなやかさを秘めたトロフェオ ツイード

<strong>それはテーラードの形をしたカーディガン</strong><br>
趣のあるマルチボーダーのカシミアニットを、アンコンで仕立てた一着。作りこそジャケットだが、着心地はまさにカーディガンのそれである。29万9000円(ゼニアカスタマーサービス)

それはテーラードの形をしたカーディガン
趣のあるマルチボーダーのカシミアニットを、アンコンで仕立てた一着。作りこそジャケットだが、着心地はまさにカーディガンのそれである。29万9000円(ゼニアカスタマーサービス)

<strong>天然染料で染められた、優しい風合いのニット</strong><br>
単色のカシミアニットも展開。ミドル~ハイゲージのこちらはジャケットのインナー使いもしやすく、色を差すのに重宝。各14万7000円( ゼニアカスタマーサービス)

天然染料で染められた、優しい風合いのニット
単色のカシミアニットも展開。ミドル~ハイゲージのこちらはジャケットのインナー使いもしやすく、色を差すのに重宝。各14万7000円( ゼニアカスタマーサービス)

縁取りされた

縁取りされた"一本道"がコレクションの顔。頂点の自動車レース、F1に想を得た「グランプレミオ」コレクション。スニーカー9万5000円(ゼニア カスタマーサービス)

2つ折り財布〈縦9.5×横11cm〉6万3000円、長財布〈縦10×横19cm〉8万5000円、ポーチ〈縦21×横31cm〉9万8000円(以上ゼニア カスタマーサービス)

2つ折り財布〈縦9.5×横11cm〉6万3000円、長財布〈縦10×横19cm〉8万5000円、ポーチ〈縦21×横31cm〉9万8000円(以上ゼニア カスタマーサービス)

自然保護も重要なアイデンティティ

自然保護も重要なアイデンティティ

アルプス山麓の町、トリヴェロでは何世紀にも亘る牧羊により山が切り拓かれ、不毛の地となっていたが、'30年代にこの地を買い取ったゼニアの創業者が森林再生プログラムを実施。自然を蘇らせた。

アルプス山麓の町、トリヴェロでは何世紀にも亘る牧羊により山が切り拓かれ、不毛の地となっていたが、'30年代にこの地を買い取ったゼニアの創業者が森林再生プログラムを実施。自然を蘇らせた。

6300エーカーもの広大な自社牧場「アキルファーム」。豪「アキルファーム」を取得したエルメネジルド ゼニア。2018年春には、ここで採取したメリノ種の羊毛を用い、農場の名前を冠した、しなやかなタッチにしてシワ耐性に優れる生地コレクションが誕生。

6300エーカーもの広大な自社牧場「アキルファーム」。豪「アキルファーム」を取得したエルメネジルド ゼニア。2018年春には、ここで採取したメリノ種の羊毛を用い、農場の名前を冠した、しなやかなタッチにしてシワ耐性に優れる生地コレクションが誕生。

写真のスーツも、その生地を用いたもの。スーツ29万4000円(ゼニア カスタマーサービス)

写真のスーツも、その生地を用いたもの。スーツ29万4000円(ゼニア カスタマーサービス)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop