今、売れてる"残暑の"ジャケット、必要な一着&コーデのポイント解説【トレンド総まとめ】

Facebook
Twitter

カジュアル通勤の浸透や、スーツの上下単品使いなど、昨今の多様化する仕事着事情に伴い、実はジャケットの需要が高まっている。実際に使えるデザインは何か、今買い足すべきは何か。それを巷の「売れている」ジャケットより解明していく。残暑の今から秋に向けて、快適、きちんと、今っぽく楽しめるジャケットを知ることで、これからの仕事着が楽しくなるに違いない。

TOPICS1
今どきジャケットの主流って?

「リラックスしたフィット感が気分」
――伊勢丹新宿店メンズ館 ビジネスクロージング バイヤー 稲葉智大さん


今、売れてる

昨今の働き方やライフスタイルの変化、そしてスーツのフィット感の変化も含めて、コンフォートであることが今季ジャケットの一つのキーワードと語るのは、伊勢丹新宿店メンズ館バイヤーの稲葉氏。「素材の軽さもカギとなり、ジャージーやシャツジャケットなども売れています。快適さだけでなく風合いや柄などデザインのバリエーションも増え、働くスタイルでの利用が増えてきています」

このTOPICの関連記事:
■仕事時でもラクで軽い上品見えジャージージャケットとは?

■一枚仕立てなのにフォーマル見えするサルトリアルジャケットとは?

■大ヒットの機能性ジャケット、最新版がこちらです

■柔らかなニットジャケットなら秋の仕事スタイルもエレガントに

■シャツ仕立ての薄軽ジャケットなら、残暑も軽やかに乗り切れそう

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop