ベルルッティのレザーブルゾン、その究極の美しさとは――?

Facebook
Twitter

『MEN'S EXTRA』の名で創刊し、"男にとっての格別"を25年追求してきた本誌が、"これは!"と一目で虜になった逸品をご紹介。Exから始まる、様々な上質の形をご覧あれ。

Extraordinarily nice
この美しさに、説明は要らない

ベルルッティのレザーブルゾン
ジャケット78万円、ニット7万7000円/ベルルッティ(以上ベルルッティ・インフォメーション・デスク)

BERLUTI
ベルルッティのレザーブルゾン

"最も純度の高いシンプルな服から見えてくる安らぎや個性、落ち着きを反映したコレクション"。それがベルルッティ2018年秋冬のコンセプトだという。多くを語らないデザインながら、最高の素材と職人技を秘める"内省的ラグジュアリー"が同ブランドの志向。このレザーブルゾンには、そんな志向が端的に表れている。装飾的ディテールは皆無だが、ややくすんだような、繊細で柔らかな青の発色、非常に薄く滑らかなカーフの質感、そして若干なで肩に仕立てた、ドレープの優雅なシルエット。見る者の心を一瞬で摑む、説明不要の美しさに満ちた一着だ。これぞ最高級メゾンの圧倒的オーラというものだろう。

<span style=ライニングはカシミヤ混ウール
柔らかな起毛感のあるカシミヤ混ウールをボンディングし、裏地としている。着心地がよくなることはもちろんだが、首元などからチラリと覗きアクセントにも。"/>

ライニングはカシミヤ混ウール
柔らかな起毛感のあるカシミヤ混ウールをボンディングし、裏地としている。着心地がよくなることはもちろんだが、首元などからチラリと覗きアクセントにも。

<span style=今年はいつも以上にレザーウェアの当たり年
今季のショーではレザーウェアのルックが多数登場。ムートンを贅沢に使った一着も。コート左:124万5000円、中:91万円、右:111万5000円(以上ベルルッティ・インフォメーション・デスク)"/>

今年はいつも以上にレザーウェアの当たり年
今季のショーではレザーウェアのルックが多数登場。ムートンを贅沢に使った一着も。コート左:124万5000円、中:91万円、右:111万5000円(以上ベルルッティ・インフォメーション・デスク)

穿きジワに沿って横に走る色落ちはタオルに漂白剤を付けて一本ずつ描いている。

穿きジワに沿って横に走る色落ちはタオルに漂白剤を付けて一本ずつ描いている。

<span style=デニム生地もヴィンテージを再現
1947年のヴィンテージデニムを再現し、縦に7番、横に7.4番の糸を用いた生地。セルビッジは珍しいピンクで、洗うと白に退色する。"/>

デニム生地もヴィンテージを再現
1947年のヴィンテージデニムを再現し、縦に7番、横に7.4番の糸を用いた生地。セルビッジは珍しいピンクで、洗うと白に退色する。

<span style=水牛ボタン採用には実用的な理由も
ブランドのアイコンとして配されている水牛ボタン。穿き倒してボタンが取れても生地に穴が開かず、リペアが容易なようにとの理由も。"/>

水牛ボタン採用には実用的な理由も
ブランドのアイコンとして配されている水牛ボタン。穿き倒してボタンが取れても生地に穴が開かず、リペアが容易なようにとの理由も。

ペルーの伝統的編み柄をフェアアイル風にアレンジした、ベビーアルパカ100%のニット。

ペルーの伝統的編み柄をフェアアイル風にアレンジした、ベビーアルパカ100%のニット。

<span style=手間はかかるが味わい満点な編み
ウールより柔らかなアルパカの魅力を最大限引き出すハンドフレーム。人の手が多く介在するため編みの表情も温かみのあるものに。"/>

手間はかかるが味わい満点な編み
ウールより柔らかなアルパカの魅力を最大限引き出すハンドフレーム。人の手が多く介在するため編みの表情も温かみのあるものに。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Jun. VOL.302月号

2019

Jun. VOL.302

6

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop