Mr.Davidに学べ!「秋の休日カジュアル」お洒落な胸元10の実例

Facebook
Twitter
「Mr.David」流・休日カジュアル10の実例

本誌や本サイトの連載「Mr.David's Diary」でお馴染みのアメリカ人モデル、Mr.デビッドは、スタイリスト顔負けのセンスあふれる私服がファッション関係者の間で話題。今回はそんな彼の休日スタイルから、秋に真似できる着こなし10選をお届け。お盆を過ぎたら気候を問わず秋服にシフトするのは、お洒落な人の間ではもはや常識だ。

Instagram:Mr David (@mr_david_style)

Mr.David Diary vol.5:
https://www.mens-ex.jp/column/feature/180809_8694.html

<strong>1.大人ミリタリーの流儀</strong><br />秋口にあると便利な薄手のミリタリー調シャツジャケット。色柄入りのスカーフを挿すことで、男くささを中和するのが大人の嗜みだ。

1.大人ミリタリーの流儀
秋口にあると便利な薄手のミリタリー調シャツジャケット。色柄入りのスカーフを挿すことで、男くささを中和するのが大人の嗜みだ。

<strong>2.ロマンスグレーとオヤジの境界線</strong><br />ミドルエイジにとってカーディガンは、ともすると老け込みがちな鬼門アイテム。だが、カッチリした襟付きを選んで、ストールで若さを注入すれば難なくクリアできる。

2.ロマンスグレーとオヤジの境界線
ミドルエイジにとってカーディガンは、ともすると老け込みがちな鬼門アイテム。だが、カッチリした襟付きを選んで、ストールで若さを注入すれば難なくクリアできる。

<strong>3.主役級アイテムは一点集中</strong><br />滲んだような柄が優しげなチェックジャケットを主役に。脇役は無地のニットポロを合わせれば、盛りすぎた感じがなく上品な印象に。こうした抜け感は是非真似したいポイントだ。

3.主役級アイテムは一点集中
滲んだような柄が優しげなチェックジャケットを主役に。脇役は無地のニットポロを合わせれば、盛りすぎた感じがなく上品な印象に。こうした抜け感は是非真似したいポイントだ。

<strong>4.潔さは男の美学</strong><br />黒のポロニットに、上品な光沢のグレースーツを羽織っただけ。こんな小細工なしの潔さは女性陣から好感度が高い。胸ポケットから覗かせた眼鏡の金色のツルは、計算ずくのアクセサリー。

4.潔さは男の美学
黒のポロニットに、上品な光沢のグレースーツを羽織っただけ。こんな小細工なしの潔さは女性陣から好感度が高い。胸ポケットから覗かせた眼鏡の金色のツルは、計算ずくのアクセサリー。

<strong>5.茶を制する者はお洒落を制する</strong><br />ブラウンジャケットは成功すればとびきりお洒落、失敗すれば枯れた印象に直結しがち。だが、インナーに白のニットなどを差し込むなどして、爽やかさを一盛りすれば無問題。

5.茶を制する者はお洒落を制する
ブラウンジャケットは成功すればとびきりお洒落、失敗すれば枯れた印象に直結しがち。だが、インナーに白のニットなどを差し込むなどして、爽やかさを一盛りすれば無問題。

<strong>6.デート服の一番人気</strong><br />ジャケット×ニットのシンプルスタイルは、女性が考える理想のデート服。トーン違いの白×紺を掛け合わせたデビッドの着こなしは、お洒落慣れした大人の余裕を感じさせる。

6.デート服の一番人気
ジャケット×ニットのシンプルスタイルは、女性が考える理想のデート服。トーン違いの白×紺を掛け合わせたデビッドの着こなしは、お洒落慣れした大人の余裕を感じさせる。

<strong>7.トーン違いでイメチェン</strong><br />前述の6と同じ白×紺の配色だが、印象が異なるのは中に明るいネイビーニットを差しているから。定番色同士の組み合わせでも、トーン次第で何通りにも着こなせる好例だ。

7.トーン違いでイメチェン
前述の6と同じ白×紺の配色だが、印象が異なるのは中に明るいネイビーニットを差しているから。定番色同士の組み合わせでも、トーン次第で何通りにも着こなせる好例だ。

<strong>8.色面積で休日感をコントロール</strong><br />白×紺の定番配色は紺の分量を多めにすると、より落ち着いた印象になる。仕事がらみの休日の外出にも、覚えておきたい配色テクニックだ。なおチーフやスカーフ、サングラスなど小物を足し算するほど、落ち着きを保ったまま洒落感をアップさせることは可能だ。

8.色面積で休日感をコントロール
白×紺の定番配色は紺の分量を多めにすると、より落ち着いた印象になる。仕事がらみの休日の外出にも、覚えておきたい配色テクニックだ。なおチーフやスカーフ、サングラスなど小物を足し算するほど、落ち着きを保ったまま洒落感をアップさせることは可能だ。

<strong>9.地味×派手でバランスをとる</strong><br />スーツはラペルの先が尖ったピークトラペル。華やかな印象があるスーツだからこそ、中には何気ない黒のニットをコーディネートするなど、控えめに徹したほうが好バランス。全方位で好感を持たれやすい。

9.地味×派手でバランスをとる
スーツはラペルの先が尖ったピークトラペル。華やかな印象があるスーツだからこそ、中には何気ない黒のニットをコーディネートするなど、控えめに徹したほうが好バランス。全方位で好感を持たれやすい。

<strong>10.休日スーツはどこかにハズシを</strong><br />スーツを着る必要がある休日は、かっちりしたシャツやネクタイより、もう少しリラックスした素材で抜け感を作りたい。デビッドのようにカジュアルなシャンブレーシャツやポップな縞柄のニットタイなどで、休日感をどこかに匂わせよう。

10.休日スーツはどこかにハズシを
スーツを着る必要がある休日は、かっちりしたシャツやネクタイより、もう少しリラックスした素材で抜け感を作りたい。デビッドのようにカジュアルなシャンブレーシャツやポップな縞柄のニットタイなどで、休日感をどこかに匂わせよう。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop