「SUVクーペ」の主役はどのメーカー? 新型アウディQ8の完成度と"気になる点"を検証

Facebook
Twitter
アウディQ8

単なる流行に続いたクルマではない

メルセデスのGLEクーペ、BMW X6、ポルシェ カイエン クーペなど、SUVをクーペルックに仕立てるのがラグジュアリーカー界隈で近頃流行している。

アウディQ8は、ひとことで言えばQ7のクーペ版ということになるが、ライバルとは少々趣が異なる。競合車の多くはボディ前半部分をベースのSUVと共有化し、ボディ後半部分はCピラーの角度を極端に寝かせたファストバックスタイルとしている。一方でQ8はいかにもクーペ然としたわかりやすいスタイルではない。実はQ7をベースに手を加えたのではなく、パッケージをいちからやり直したという。

アウディQ8
Q7から新たにボディをクーペッルックのSUVとして作り直されたQ8。ワイド&ローなスタイルが特徴的で、ユーティリティーも損なっていない。全長4995mm、全幅1995mm、全高1705mm。

それによって、ボディサイズはQ7比で全長は75mm短く、全高は30mm低く、全幅は25mm広くなっている。ホイールアーチのデザインを一新、リアエンドも短くなっている。また新世代のシングルフレームグリルのデザインは、Aモデル(セダン系)では水平基調なのに対し、Q8にはQモデル(SUV)として初の8角形のシングルフレームグリルを採用しており、力強くアグレッシブさを強調する。またフェンダーはクワトロブリスターと呼ばれる大きく張り出したものだ。

アウディQ8のトランク

こうして、クーペライクなスタイリングと実用性をうまくバランスさせている。リアドアも大きく取られており乗降性も良好。後席も広く、100mmの前後スライドが可能で、ヘッドクリアランスもしっかりと確保されている。ラゲッジ容量は605ℓと必要にして十分なものだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop