メルセデス・ベンツが売れる理由。その秘密が詰まった2台の新型モデルが登場

Facebook
Twitter
CLAクーペ

クーペデザインのセダンとワゴン。見た目=個性派、中身=堅実派

近年、各自動車メーカーの車種ラインナップは増え続けている。メルセデス・ベンツで言えばA、B、C、E、S、V、Gクラスがあり、そこからワゴンやカブリオレ、SUVまで派生モデルが用意され、もはや自動車好きでも把握に一苦労するレベルになりつつある。

例えはサイズはCクラスぐらいを考えているならセダン、クーペ、カブリオレにSUV、さらにクーペデザインのSUVも用意されている訳で、これはユーザーにとっては誠にありがたい状況なのである。なにせ日本車にクーペが存在しない...なんていう不遇の時代も実際にあったのだから。

CLAクーペ
クーペのように傾斜したルーフラインと4枚ドアを組み合わせた4ドアクーペというカテゴリーとなる「CLA クーペ」。2013年から発売され、今回のモデルチェンジで2代目へと進化を遂げた。

さて、今回紹介するのはそういった状況が生み出した、非常に個性的なシリーズの新型である。4ドアクーペとなる「CLA クーペ」とそのワゴンバージョンとなる「CLA シューティングブレーク」である。

CLA クーペ
ボディサイズは全長4688×全幅1830×全高1439mm。グレードは2ℓディーゼルのCLA 200 d(472万円)、2ℓガソリンの4WDモデルであるCLA 250 4MATIC(534万円)の2種類をラインナップ。

このCLAは「A」が表す通り、メルセデス・ベンツのラインナップでは最も小さいサイズとなる。といっても全長は両モデル共に約4.7mで、サイズだけでいえばひとつ上のCクラスとほぼ同じサイズになる。

CLAクーペの後席
CLAクーペの後席はボックスタイプのセダンに比べるとやや狭めで窮屈な印象。しかし大人が乗ってもしっかりと頭上のスペースが確保されているので、実用性は損ねていない。
CLAクーペのトランク
トランク容量はデザイン上やや小さめで容量は460ℓ。ただし、シートを倒してゴルフバッグなどの長いものを収納もできるので利便性は上々。
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop