あえてイタ車のセダン。

Facebook
Twitter
アルファ ロメオ ジュリア

ディーゼルに長けたアルファ ロメオ

アルファ ロメオとしては、日本初導入となる"クリーンディーゼル"エンジンを搭載したセダン、「ジュリア2.2 ターボディーゼル SUPER」が上陸した。

アルファ ロメオ ジュリア
日本ではやや不調な市場である4ドアセダンだが、欧州や北米では相変わらずの強い人気を誇る。かつての名モデルから名前を受け継いでいるあたりからも、このマーケットに対するアルファ ロメオの強い意思が感じられる。

アルファ ロメオとディーゼルの組みあわせに違和感を覚える人もいるかもしれないが、欧州では1970年代のジュリアスーパーの時代から、4ドアセダン系にはディーゼルエンジン仕様を設定してきた長い歴史がある。近年日本では"クリーンディーゼル"エンジンを搭載したモデルが人気だが、これはディーゼル特有のPM(粒子状物質)やNOx(窒素酸化物)の排出を抑制する画期的な「コモンレール」という燃料噴射方式によって実現したものだ。

そして、実は世界で初めて乗用車にこのコモンレールを搭載したのがアルファ ロメオ156だった。フィアットグループはディーゼルの先駆者だったのだ。現在、この特許技術はボッシュが所有しており、世界中のメーカーがそれを活用しクリーンディーゼルモデルを生み出しているというわけだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop