今一番"攻めているSUV"は、フランス発のコイツではないか?

Facebook
Twitter
DS3 クロスバック

王道ではなくあえて個性派SUV

DSオートモビル初のコンパクトSUV「DS3 クロスバック」が発売された。ライバルはアウディQ2などと目するBセグメントカーで、全長4120mm、全幅1790mm、全高1550mmと立体駐車場に入るサイズだ。

DS3 クロスバックのバックスタイル
全長は4120mmとコンパクトなうえ、全高を1550mmに抑えることでほとんどのSUVが対応していない一般的な立体駐車場に対応している点も魅力のひとつだろう。

DSは、かつてはシトロエンのいちブランドとしてDS3やDS4、DS5などをラインアップしてきたが、2014年にシトロエンから独立し、フレンチラグジュアリィブランドとして再スタートを果たした。

2018年には、DSオートモビルとしては初のオリジナルモデル、DS7 クロスバックを発売。そしてこのDS3 クロスバックが第二弾モデルとなる。またPSAグループでも将来の電動化を見据えたプラットフォーム戦略が進められており、このDS3 クロスバックが新世代のCMP(Common Modular Platform)を採用する初のモデルということになる。

ルーフとボディをツートンカラーにするというDSブランドが以前より得意としているデザイン処理。カラー設定も仏車らしいオシャレな色合いが用意されている。

ルーフとボディをツートンカラーにするというDSブランドが以前より得意としているデザイン処理。カラー設定も仏車らしいオシャレな色合いが用意されている。

シートの柄もダイヤモンドパターンを採用。コンパクトSUVでは珍しいホールド性の高いスポーツタイプのシートが設定されている。

シートの柄もダイヤモンドパターンを採用。コンパクトSUVでは珍しいホールド性の高いスポーツタイプのシートが設定されている。

荷室はこのカテゴリーのSUVとしては標準的な容量。通常時は350ℓ、リアシートを倒した際には最大1050ℓまで拡大する(VDA方式)。

荷室はこのカテゴリーのSUVとしては標準的な容量。通常時は350ℓ、リアシートを倒した際には最大1050ℓまで拡大する(VDA方式)。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop