台北とはまた違う!ローカル台湾に触れる台中市街のレトロな4つのおすすめスポット

Facebook
Twitter
台湾、台中

日本からもっとも近く、気軽な「週末旅」にも好適な台湾。人気の台北もいいが、今回目を向けるのは、ちょっとディープな台中エリア。開業したての「星のやグーグァン」をはじめ、癒しと刺激の新鮮な台湾を見つけに行こう。



台湾、台中
シャツ4万3000円、パンツ3万5000円、サングラス3万5000円/以上ダンヒル(ダンヒル) 靴〈スタイリスト私物〉


台湾茶、エビ釣り、絶品の紹興酒

グーグァンへのアクセスに欠かせない中継地、台中。地下鉄などの公共交通網の整備がこれからで、「気軽に街歩きできる」台北とは少し異なる。だが、幹線道路とその脇を無数に走る路地とに、近代的な姿と濃厚なローカル文化が交差し合い活気に満ちている。その中で今回は特に地元の人々に愛されている場所を訪れてみる。

昔ながらのレトロな風景を求めて、「南屯老街」と呼ばれる古い町並みに紛れ込む。行きかうバイクの群れをよけながら歩くと「萬和宮」に到着。艶やかな彩色が圧巻のこの建物は300年以上の歴史がある廟で、台中市最古の文化財だ。近くには雑多さが魅力の市場や飲食店もある。

少し離れて、古い日本家屋でお茶を味わい、地元の老若男女に交じってエビ釣りにも挑戦。現地の日常の風景に心躍らせる時間なのだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop