台湾・台中エリアに「星のやグーグァン」が開業。さっそくロケに行ってきました

Facebook
Twitter
星のやグーグァン

日本からもっとも近く、気軽な「週末旅」にも好適な台湾。人気の台北もいいが、今回目を向けるのは、ちょっとディープな台中エリア。開業したての「星のやグーグァン」をはじめ、癒しと刺激の新鮮な台湾を見つけに行こう。



星のやグーグァン

星のやグーグァン

3時間半のフライトの先にある非日常の異国情緒

日本に近く、その手軽さでも人気の旅先、台湾。だが空港でその地に降り立ってみると、気温も湿度もグッと上がり、ああ南国に来たのだと実感させられる。観光客でも賑わう美食の街、台北も魅力的だが、この地にはまだまだ未知の楽しさがありそうだ。

日本国内にも多くのリゾートホテルを持つ星野リゾートも、この台湾に目を向けた。台北から台中へ新幹線で一時間、さらに台中から車で一時間半をかけてようやくたどり着く、山岳の中腹にある温泉渓谷に「星のやグーグァン」は開業した。深い山のなかに突如現れる、ある意味不便な立地が、非日常性をより深める。「何もしない」を存分に楽しめる、究極の贅沢がそこにはある。

今回はこのグーグァンののち、台中に向かって旅を進める。台北と比べればまだ観光地として途上の感もある、台北、高雄に次ぐ台湾第三の街。だがそこには飾らない異国ならではの活気があり、我々を刺激する。

大人の冒険心をもくすぐる、静と動の台湾中部。新鮮な感覚を追い求めて、いざ、出発と行こう。

宿では壮大な自然とリッチな空間が迎えてくれる

山深い景色のなかに、モダンな建築日の「星のやグーグァン」が現れる。洗練された空間の建物の前には、プールやテラスとともに森のような「ウォーターガーデン」があり、寛ぎムードへといざなう。チェックインを済ませたら、ゆったりと散策を。


星のやグーグァン
台中市和平區博愛里東關路一段温泉 巷16號
チェックイン15時、チェックアウト12時
1泊1室1万8000元~(食事別)
https://hoshinoya.com/

<strong>at Gazebo</strong>「森の中の特等席で、寝そべる、寛ぐ」<br>
上質かつ洒脱な休日服がより深い寛ぎをもたらす。 シャツ3万9000円、パンツ4万6000円、サンダル5万2000円/以上ダンヒル(ダンヒル)

at Gazebo「森の中の特等席で、寝そべる、寛ぐ」
上質かつ洒脱な休日服がより深い寛ぎをもたらす。 シャツ3万9000円、パンツ4万6000円、サンダル5万2000円/以上ダンヒル(ダンヒル)

<strong>at Lobby</strong>「目に鮮やかなアート、建築の妙に浸る」

at Lobby「目に鮮やかなアート、建築の妙に浸る」

<strong>at Room</strong>「全客室内に源泉かけ流しの贅」

at Room「全客室内に源泉かけ流しの贅」

<strong>at Dining</strong>「見て楽しい会席の口福時間」<br>
チョウザメのほか、ハタやアワビなど、台湾でも人気の高級食材を巧みに用いたメニューが特別なディナーを盛り立てる。有田焼や九谷焼など美しい器使いも必見。 ジャケット28万9000円、ニット6万円/以上ブリオーニ(ブリオーニ ジャパン)

at Dining「見て楽しい会席の口福時間」
チョウザメのほか、ハタやアワビなど、台湾でも人気の高級食材を巧みに用いたメニューが特別なディナーを盛り立てる。有田焼や九谷焼など美しい器使いも必見。 ジャケット28万9000円、ニット6万円/以上ブリオーニ(ブリオーニ ジャパン)

<strong>at Hot Spring</strong>「流水音や解放感が心地よい天然温泉」

at Hot Spring「流水音や解放感が心地よい天然温泉」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop