脱ファミリーカーを果たした新型Bクラス。コンパクトな実用車はこれで決まり!?

Facebook
Twitter

メルセデス・ベンツ Bクラスが7年ぶりに3代目へとフルモデルチェンジした。Bクラスは、ハッチバックのAクラスとプラットフォームを共用し、全高を約140mm 高く室内空間全体を広げ、着座位置を90mm上げて乗降性よく、さらに荷室容量をAクラス比で通常時+85ℓ、最大時+330ℓとなる455〜1540ℓにまで拡大したユーティリティビークルだ。

コンパクトな実用車はこれで決まり!?新しくなったBクラスの実力とは?

Aクラスで見せた高い機能に使いやすいパッケージをプラス

エクステリアは、先代の地味な印象を刷新すべく、最新のデザイン言語に基づいて無駄な線を省いた先代よりスポーティな印象になった。オプションのAMGライン装着車であればより一層スポーティさが際立つ。背の高いモデルではあるものの、Cd値は0.24と、燃費性能の改善および風切り音の低減なども実現している。

メルセデス・ベンツ Bクラス
Bクラスのグレードは2種類。ベースは1331ccの直列4気筒エンジンを積む「B 180」で価格は384万円。1950ccのディーゼルエンジンを積む「B 200 d」は422万円となる。
メルセデス・ベンツ Bクラスのバックスタイル
Bクラスは扱いやすいコンパクトサイズが大きな武器。ボディサイズは全長4419×全幅1796×全高1562mm。
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop