【八ヶ岳 男のひとり旅】ウイスキーからの駅そば、そしてワインと豪華ディナー

Facebook
Twitter

またしても雨なんですが・・・

特急・あずさ
あの名曲を思わず口ずさみたくなる特急・あずさ

10時ちょうどのあずさ9号で旅出った。小雨が大雨に変化しそうな梅雨時。目的地の小淵沢には11時52分に着く予定。晴れていれば富士山を臨めるというD席を往復とも予約していた。あいにくの空模様で、結局見えなかったが、雨の旅路は嫌いじゃない。

そういえば、修善寺ひとり旅の時も大雨だった(下記「関連記事」参照)。雨の旅支度で服装が制限されるのはめんどうだが、風情はいい。あれ、つまりボクは雨男?

前菜は「自然」と題されたひと皿。どこか星のや東京の浜田統之シェフの名物アミューズ・五つの意思(石)に通じるものを感じた

前菜は「自然」と題されたひと皿。どこか星のや東京の浜田統之シェフの名物アミューズ・五つの意思(石)に通じるものを感じた

35種類の野菜を使った華やかなプレート。各野菜が丁寧に調理され、プロでなければ出せない料理。赤ワインビネガーのビネグレットやクミンのソースがよきアクセントに

35種類の野菜を使った華やかなプレート。各野菜が丁寧に調理され、プロでなければ出せない料理。赤ワインビネガーのビネグレットやクミンのソースがよきアクセントに

大好物のズッキーニの花。詰めてあるのは定番のチーズではなく、ズッキーニの実の部分

大好物のズッキーニの花。詰めてあるのは定番のチーズではなく、ズッキーニの実の部分

グリーンアスパラガスと紅芯大根、マッシュルームにはオランデーズソースを添えて

グリーンアスパラガスと紅芯大根、マッシュルームにはオランデーズソースを添えて

皮ごと焼いたヤングコーンはヒゲまで食せる。繊細なパスタのようでこの感触、初体験!

皮ごと焼いたヤングコーンはヒゲまで食せる。繊細なパスタのようでこの感触、初体験!

パスタにはハムのエキスが使われているとか。このコースで唯一の肉系。カリフラワーを削りながらかけるパフォーマンスも楽しい

パスタにはハムのエキスが使われているとか。このコースで唯一の肉系。カリフラワーを削りながらかけるパフォーマンスも楽しい

パイ生地の上にキノコのペースト。ビーツや大根などの根菜を乗せてある。赤いのはビーツのパウダー

パイ生地の上にキノコのペースト。ビーツや大根などの根菜を乗せてある。赤いのはビーツのパウダー

メインをはるのはなんとジャガイモ! ジャガイモと、赤ワインに漬けたパンをパウダーにした2種類の粉をまとって登場

メインをはるのはなんとジャガイモ! ジャガイモと、赤ワインに漬けたパンをパウダーにした2種類の粉をまとって登場

先ほどの無骨なジャガイモには黒トリュフが添えられ、有精卵のソースが中から流れ出る。グラナパダーノの風味がまた合う

先ほどの無骨なジャガイモには黒トリュフが添えられ、有精卵のソースが中から流れ出る。グラナパダーノの風味がまた合う

デザート前のチーズの扱いでタマネギが登場。実は層の間にゴルゴンゾーラが忍ばせてあり、噛むとタマネギの甘みと相まってうまい。かなりジューシー

デザート前のチーズの扱いでタマネギが登場。実は層の間にゴルゴンゾーラが忍ばせてあり、噛むとタマネギの甘みと相まってうまい。かなりジューシー

デザートは2種。まずはグリンピースのアイスにビーツのジュレ。上にかかっているのは甘夏のエスプーマ

デザートは2種。まずはグリンピースのアイスにビーツのジュレ。上にかかっているのは甘夏のエスプーマ

次にシチリアの伝統菓子・カンノーリはなんとゴボウ風味。サクサクで、ゴボウの香りが強い。お気に入り

次にシチリアの伝統菓子・カンノーリはなんとゴボウ風味。サクサクで、ゴボウの香りが強い。お気に入り

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop