テスラ、マイナーチェンジするも外観の変化ゼロ。何が変わった?

Facebook
Twitter
サステナ

テスラ モデルS&モデルXを改良

モデル3の導入が迫るテスラは、既存車種のモデルSとモデルXについても、大幅な改良を行なった。とは言え、実は見た目は変わらない。

では一番のトピックはと言えば、ドライブトレインの刷新である。フロントに永久磁石使用シンクロナス リラクタンスモーター、リアにインダクションモーターの組み合わせとなる前後の電気モーター、パワーエレクトロニクスなどの改良により、バッテリーパックの変更無しに航続距離を伸ばし、加速性能を向上させ、充電所要時間の短縮も実現したという。

サステナ

モデル名が、従来のバッテリー容量の数字を使っていたものからスタンダードレンジ、ロングレンジ、パフォーマンスの3つに変更されている現在のモデルS。スタンダードレンジでも0-100km/h加速4.2秒、最高速250km/h、航続距離450km(WLTP)を実現している。

ロングレンジでは0-100km/h加速が3.8秒、航続距離が610kmとなり、パフォーマンスでは0-100km/h加速3.2秒、航続距離590kmとなる。更にオプションのルーディクラスモードでは0-100km/hが2.6秒まで速くなる。

モデルXのグレード体系も同様。スタンダードレンジは0-100km/h加速4.8秒、最高速250km/h、航続距離375km、ロングレンジは同4.6秒、250km/h、505km、パフォーマンスでは同3.6秒、250km/h、485kmとなる。ルーディクラスモードは2.9秒だ。

サステナ

その他、ホイールベアリングやタイヤの改良によりフットワーク、乗り心地を改善し、エアサスペンションは完全なアダプティブダンピング式とされている。また、リーズナブルなスタンダードレンジも登場。デュアルモーターAWD、プレミアムインテリア、サウンドシステムは全車に標準装備となる。

価格はモデルSが897万円、モデルXが972万円から。特にこのスタンダードレンジの買い得感は注目だ。いずれも4月より生産が始まっており、すでに注文可能である。



関連記事:来るぞ電気自動車のプレミアムSUVラッシュ! まずはジャガー「I-PACE」に試乗した

文/島下泰久 Yasuhisa Shimashita

サステナ主宰
モータージャーナリスト
2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

1972年神奈川県生まれ。燃料電池自動車や電気自動車などの先進環境技術、そして自動運転技術を中心に、走行性能、ブランド論までクルマを取り巻くあらゆる事象をカバー。自動車専門、ライフスタイル系などのwebメディアをはじめ、専門誌、一般誌、ファッション誌などの雑誌に精力的に寄稿している。また並行して講演活動、テレビ、ラジオなどへの出演も行なう。
海外モーターショー取材、海外メーカー国際試乗会へも頻繁に参加しており、年間渡航回数は20回を超える。 2011年6月発行の2011年版より、徳大寺有恒氏との共著として「間違いだらけのクルマ選び」の執筆に加わる。2016年版より単独での執筆になり今に至る。
最新刊は「2019年版 間違いだらけのクルマ選び」。
2016年にサステナをオープン。主筆として一般自動車専門誌、webサイトとは違った角度から、未来のクルマと社会を考察中。

サステナ(SUSTAINA)とは?

まっすぐおもう、未来のコト。 モータージャーナリスト島下泰久氏が主宰を務める、「クルマが目指す未来」を主軸に先進環境技術やそれを取り巻く社会の変化など、あらゆる事象を追うウェブメディア。

sustaina
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop