ポルシェ911が最新世代「992」へと進化、気になる価格は? グレード構成は?

Facebook
Twitter
「最新は最良」の伝説は続くのか 911が最新世代「992」へと進化

まずはカレラシリーズから登場したコードネーム「タイプ992」

ポルシェジャパンは5月28日、都内で新型ポルシェ911の発表会を行った。1963年に初代が誕生してから半世紀以上を経て8世代目となったモデル名は、タイプ992となる。



関連記事:新型「ポルシェ911」発表会に、ポルシェジャパン社長はどんな装い戦略で臨んだか?

ポルシェ 新型911カレラ(992型)
過去の911シリーズ同様、モデルは随時追加されていく予定で、まずはカレラSシリーズから発売がスタートする。価格はカレラSが1666万円、4WDのカレラ4Sが1772万円、カレラSカブリオレが1891万円、カレラ4Sカブリオレが1997万円となる。

今回お披露目されたのは、ベースモデルの「カレラ」ではなく、ハイパワー版の「カレラS」の4モデル。ラインアップは「カレラS」(1666万円)、「カレラ4S」(1772万円)、「カレラSカブリオレ」(1891万円)、「カレラ4Sカブリオレ」(1997万円)となっている。右ハンドルでPDKのみの設定。日本市場に左ハンドルや、MTモデルが用意があるのか否かは現段階では発表されていない。

搭載される3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは、ターボチャージャーを大型化して過給圧を高めるなどし、先代モデル(991)を30PS/30Nm上まわる最高出力450PS、最大トルク530Nmを発揮。トランスミッションは911では初採用となる8速PDKを組み合わせる。カレラSの最高速は308km/h、ニュルブルクリンク北コースのタイムは、従来モデルから5秒短縮し7分25秒となった。

ボディサイズは、全長4519mm、全幅1852mm、全高1300mm、ホイールベース2450mmと、991比で全長14mm、全幅17mm拡大、全高は5mm高く、ホイールベースは同寸。ボディにアルミなどを多用して軽量化を図り、サイズ拡大に伴う重量増を相殺。ボディ単体重量を先代より12kg軽い240kgとするいっぽうで、ボディの曲げ剛性とねじれ剛性はいずれも5%向上している。車両重量は991カレラSの1470kg(7速PDK)に対し、1515kgとなっている。

またスポーツカーであっても安全運転支援システムは時代の要請であり、衝突被害軽減ブレーキや自動再発進機能付きアダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシストなどをオプションで設定。また路面の水を検知し、それに基づきコントロールシステムを電子制御する新開発のウェットモードを標準装備する。

後席を備えているのも911シリーズの変わらない伝統。大人が座るには少々厳しいスペースだが、ちょっとした小物を置くなど、実は使い勝手も良く便利。

後席を備えているのも911シリーズの変わらない伝統。大人が座るには少々厳しいスペースだが、ちょっとした小物を置くなど、実は使い勝手も良く便利。

911シリーズとしては初めて採用する8速のPDF(2ペダルMT)を採用。MTモデルがどのように発売されるのかにも注目が集まる。

911シリーズとしては初めて採用する8速のPDF(2ペダルMT)を採用。MTモデルがどのように発売されるのかにも注目が集まる。

「最新が最良」と呼ばれる911シリーズ。992型でも運転支援、安全システムといった多くの最新デバイスをリファイン。任意で様々な設定の走りを楽しむことができる。

「最新が最良」と呼ばれる911シリーズ。992型でも運転支援、安全システムといった多くの最新デバイスをリファイン。任意で様々な設定の走りを楽しむことができる。

992型の大きな特徴が横一線になったテールランプ。代々こうして911らしさを損ねないように、様々なデザイン的な仕掛けが行われてきた。

992型の大きな特徴が横一線になったテールランプ。代々こうして911らしさを損ねないように、様々なデザイン的な仕掛けが行われてきた。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop