フェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」に高まる期待。数値を見るだけでワクワクがとまらない!

Facebook
Twitter
サステナ

フェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」を発表! Part.2

Part.1はこちら

フェラーリ初のPHEVとしてデビューしたSF90ストラダーレ。V型8気筒ツインターボエンジンと3基の電気モーターの組み合わせにより最高出力1000cvを実現したトップパフォーマンスモデルである。

PHEVシステムにおけるリチウムイオンバッテリーの容量は現時点では不明だが、220cvという高出力を賄うだけにそれなりのサイズとなるのは想像に難くない。ちなみに3基の電気モーター合計で最高出力122psとなるNSXのそれは実は1.1kWhでしかないが、電気モーター出力が単純に倍近く、しかもPHEVとして25kmのEV走行を可能とするとなれば、7 〜8kWh辺りは積んでくるだろうか。乱暴な計算だが1kWh辺りざっと10kgとして、100kg弱くらいにはなるだろう。

サステナ

このバッテリー、電気モーター、PCU(パワーコントロールユニット)、オンボードチャージャーなどPHEV化のための各種コンポーネンツの搭載による車重への影響が心配されるが、公表値によれば乾燥重量は1570kgと、488GTBの200kg増となる。日本の車検証に記載されるのは、おそらくその100kg+増とすれば、1700kgを少々下回る辺りか。ちなみにNSXは1780kgである。

軽量化の実現のためボディは新設計とされ、マルチマテリアル化が徹底されている。CFRP製バルクヘッドの採用、7000シリーズ合金の広範囲の使用により剛性を向上。また、空力開発も徹底されており、250km/hで390kgという市販車としては異例の強大なダウンフォースを発生させると同時に、内燃エンジン車以上にシビアとも言えるシステムの冷却にも大いに配慮されている。

スタイリングも特徴的だ。360モデナで確立したミッドシップのプロポーションから遂に離れ、キャブフォワード化と前後オーバーハングの短縮により、更にマッシヴなフォルムが形作られている。もちろん、それはPHEVコンポーネンツを収めるという事情もあったのだろうが、そのフォルムは斬新さに繋がっていると言っていい。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop