フェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」、遂に発表された圧倒的スペックとは?

Facebook
Twitter
サステナ

フェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」を発表! Part.1

遂にこの日がやってきた。フェラーリは「SF90ストラダーレ」によって、ブランド初となるPHEVプロダクション・シリーズの幕を開けたのだ。今年のF1マシン「SF90」と同じ名を持つ、最高出力1000cv、パワーウェイトレシオは1.57kg/cvに到達したこのモデルは、V型8気筒モデルとして初めてフェラーリのラインアップの頂点に立つ存在となる。そのパフォーマンスは0-100km/h加速が2.6秒、0-200km/h加速は6.7秒という圧倒的なものだ。

注目のパワートレインは排気量を3990ccへと微増させて、最高出力780cvを獲得した90度のバンク角を持つV型8気筒ツインターボユニットと、3基の電気モーターの組み合わせ。残りの220cvを発生する3基の電気モーターのうち1基はF1由来のMGU-K、つまり回生、力行を行なうモーター・ジェネレーターで、これはエンジンと新開発8速DCTの間に搭載される。

サステナ

そして残り2基の電気モーターは、フロントアクスルに搭載され、左右前輪を個別に駆動し、RAC-e(電子コーナリング・セットアップ・レギュレータ)によりトルクベクトリングを行なう。つまりSF90ストラダーレは四輪駆動となるのだ。

ここまで読めば、ピンと来た方もいるだろう。そう、このシステムはホンダNSXのそれときわめて近い構成となっている。NSXのそれはV型6気筒3.0ℓツインターボエンジンと、やはりリアに1基、フロントに2基の電気モーターの組み合わせで、システム出力は581ps。左右前輪をそれぞれ1基ずつの電気モーターで駆動し、トルクベクトリングを行なう。出力の大きさ、プラグインであることはすぐに分かる違いだが、果たしてSF90ストラダーレはどんな制御でそれを活用するのか。

サステナ

ステアリングホイールに備わるe-マネッティーノのスイッチによって、SF90ストラダーレは4つの走行モードを選択できる。詳細は以下の通り。

「eDrive」:内燃エンジンは停止したまま、電気モーターで最大25kmの距離を走行する。

「Hybrid」:通常の走行モード。効率性を重視し、必要に応じてエンジンの始動・停止も行なわれる。ドライバーが求めれば最大のパフォーマンスが発揮される。

「Performance」:内燃エンジンが常時稼働となり、いつでもフルパフォーマンスを発揮できるよう、効率性よりバッテリーの充電が優先される。

「Qualify」: 内燃エンジン、電気モーターともに最高出力を発生させるためのモード。"制御ロジックはバッテリー充電よりもパフォーマンスを優先させます"と謳われていることから、おそらくまさに予選の1ラップのような短時間の使用となるだろう。

NSXの初期モデルではこのフロントのモーターによるトルクベクトリングが圧倒的なコーナリング性能の一方で扱いにくいハンドリングの要因にもなった。フェラーリが一体このシステムをどんな風に料理したのかは興味をソソるところだ。

Part.2に続く

文/島下泰久 Yasuhisa Shimashita

サステナ主宰
モータージャーナリスト
2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

1972年神奈川県生まれ。燃料電池自動車や電気自動車などの先進環境技術、そして自動運転技術を中心に、走行性能、ブランド論までクルマを取り巻くあらゆる事象をカバー。自動車専門、ライフスタイル系などのwebメディアをはじめ、専門誌、一般誌、ファッション誌などの雑誌に精力的に寄稿している。また並行して講演活動、テレビ、ラジオなどへの出演も行なう。
海外モーターショー取材、海外メーカー国際試乗会へも頻繁に参加しており、年間渡航回数は20回を超える。 2011年6月発行の2011年版より、徳大寺有恒氏との共著として「間違いだらけのクルマ選び」の執筆に加わる。2016年版より単独での執筆になり今に至る。
最新刊は「2019年版 間違いだらけのクルマ選び」。
2016年にサステナをオープン。主筆として一般自動車専門誌、webサイトとは違った角度から、未来のクルマと社会を考察中。

サステナ(SUSTAINA)とは?

まっすぐおもう、未来のコト。 モータージャーナリスト島下泰久氏が主宰を務める、「クルマが目指す未来」を主軸に先進環境技術やそれを取り巻く社会の変化など、あらゆる事象を追うウェブメディア。

sustaina
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop