プジョーの電気自動車「e-208」が地味にスゴイ!

Facebook
Twitter
サステナ


プジョー、新型208に50kWhのバッテリーを搭載するピュアEV版「e-208」を設定!

ジュネーブモーターショーでプジョーは新型208を発表した。新型508以降の流れを汲む先鋭的なデザインも魅力だが、注目はやはりそのパワートレインのラインナップである。何と新型208には内燃エンジン仕様に加えて電気自動車の「e-208」が用意されるのだ。

e-208は単に「こういうのも作ってみました」というレベルのクルマではない、非常に魅力的なスペックを誇る。何と駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は約50kWhにもなり、満充電航続距離はWLTPモードで340km、NEDCでは450kmにも達する。しかもフロントのエンジンベイにきれいに収められ、前輪を駆動するモーターは最高出力136ps、最大トルク260Nmを発生。アクセル操作に対して瞬時にもたらされるトルクで、俊敏なダッシュを可能にしている。

サステナ

実際、3つが設定されたドライビングモードのうちSPORTでは、0-100km/hを8.1秒で駆け抜ける。また他にNORMAL、そして最長の航続距離を実現するECOが選択可能だ。また、回生ブレーキも穏やかなMODERATEとINCREASEDの2モードが用意される。

感心させられたのが、e-CMPと呼ばれる電動化されたモジュラープラットフォームを用いた、そのパッケージングだ。大容量のリチウムイオンバッテリーは前席床下、後席床下、センタートンネルに分けて搭載されており、室内空間は内燃エンジン仕様とまったく変わらないのである。実際にクルマを見ても「本当にこれだけのスペースに、50kWhも入っているの?」と唸らされてしまう。

快適性への配慮として、駆動用バッテリーにより駆動される出力5kWのヒーターエレメント、ヒートポンプを用いたエアコンが設定される。シートヒーターも標準。これによって航続距離への影響を気にすることなく空調を設定できる。

サステナ
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年May VOL.301月号

2019

May VOL.301

5

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop