人気のVWポロに追加された"ビミョー"な新グレード、実は「絶妙」でした

Facebook
Twitter
voice_190322_car_a.jpg

スポーツのGTIとベースのTSIを繋ぐRライン

6代目となった新型フォルクスワーゲン・ポロにスポーツモデルのGTIとベースモデルTSIのあいだをつなぐ新グレードの「TSI R-Line(以下Rライン)」が追加された。

新型ポロは2018年3月の発売以来およそ9ヶ月で、約1万台が販売された人気のモデルだ。これまでのグレード構成は、もっともスポーティな2リッターターボエンジン+6速DSGの「GTI」、そして1リッター3気筒ターボエンジン+7速DSGを組み合わせたベースモデル「TSI」(装備レベルによって、ハイライン、コンフォートライン、トレンドラインの3つの仕様がある)の大きく2つだった。

「Rライン」のドアの寄り
フォルクスワーゲンのラインナップにおいてスポーツグレードに与えられる名前が「R」である。最もスポーティなグレードを「R」、そのすぐ下のモデルを「Rライン」と呼び、ベースグレードとの差別化が図られている。

「TSI Rライン」はそのあいだに位置するモデルだ。そもそも"Rライン"とは、BMWの「M」や同門のアウディ「RS」のような、VWにおけるスポーツシリーズのこと。「R」はRacingに由来するもので、2010年には特設部門となる「Volkswagen R GmbH」を設立。レース車両をはじめその技術を活かし、ゴルフRをはじめとする究極の性能を求めた「Rモデル」と、エッセンスを散りばめた「Rラインモデル」などの市販車の開発も手掛けている。

新型ポロのインテリアについてフォルクスワーゲンは「コンパクトなのはサイズだけ」と説明しているが、その言葉の通り、広さ、使いやすさ、便利さなど、完成度は非常に高い。シンプルで無駄のないデザインは同社共通である。

新型ポロのインテリアについてフォルクスワーゲンは「コンパクトなのはサイズだけ」と説明しているが、その言葉の通り、広さ、使いやすさ、便利さなど、完成度は非常に高い。シンプルで無駄のないデザインは同社共通である。

フォルクスワーゲンのシートは代々やや固めが基本。もちろんそれは体をしっかりと支え、運転のしやすさを追求しているからだ。もちろん、「固すぎ」という声はまず聞かれない。

フォルクスワーゲンのシートは代々やや固めが基本。もちろんそれは体をしっかりと支え、運転のしやすさを追求しているからだ。もちろん、「固すぎ」という声はまず聞かれない。

コンパクトモデルだけに後席の快適性は当然それ相応。足元のスペースも大人4人でジャストサイズというところか。ただ、2人乗車がメイン、あるいは4人でも街乗りが主であるなら十分及第点だろう。

コンパクトモデルだけに後席の快適性は当然それ相応。足元のスペースも大人4人でジャストサイズというところか。ただ、2人乗車がメイン、あるいは4人でも街乗りが主であるなら十分及第点だろう。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop