メルセデス・ベンツのEVライフスタイル体験施設が六本木にオープン!

Facebook
Twitter
サステナ

メルセデス・ベンツ、EVブランドを日本で本格展開。期間限定のEVライフスタイル体験施設を同時にオープン

メルセデス・ベンツ日本は、電動モビリティを包括する新ブランド「EQ」の日本での本格展開を開始する。また「EQ」の展開を機に竹中工務店とコラボレーションした、未来の自動車とリビングの形を体験できる施設「EQ House」を、東京・六本木のMercedes me Tokyoに期間限定でオープン。営業は3月13日から2年間を予定している。

「EQ House」では、ABCクッキングストアや 富士通、西川とコラボレーションした「未来の眠り」をテーマにしたイベントなども行われる。新しく始まった公式レンタカーサービス「メルセデス・ベンツレント」も利用可能だ。

サステナ

メルセデス・ベンツ(以下MB)では、すでに発表されている「EQC」をはじめ、2022年までに電気自動車10モデル以上を導入予定。中長期戦略「CASE」(※)に基づいて、未来のモビリティ社会を推進している。今回の取り組みは、そんなMBならでは、加速するクルマの電動化とそれに伴うライフスタイルの変化を「EQ House」 として見える形で世に提示したものといえるだろう。

※ C=Connected(ネット接続)、A=Autonomous(自動運転)、S=Shared & Services(シェア、サービス)、E=Electric(電動化)

「EQ House」は"生命が宿る建築 Archiphilia(アーキフィリア、建築と愛・友情などを意味する造語)" をコンセプトとし、竹中工務店が展開してきたビルコミ(ビルコミュニケーションシステム)をさらに進化、室内の情報はAIがコントロールする。人に最適なサービスを提供することで、人と建築物がダイレクトにつなぐことをめざす。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年May VOL.301月号

2019

May VOL.301

5

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop