アウディ Q7とともに、バックカントリーでしか味わえない雪山を冒険!

Facebook
Twitter

【アウディ Q7 × バックカントリー】
クルマでいったい何しよう♪ 大人の車会見学

ゲレンデで楽しむスキー&スノーボードとはちょっと違う刺激を求め近年盛り上がりを見せているのが、バックカントリーだ。雪道を苦にしないタフなSUVで出かける雪山での冒険、今回はアウディのフラッグシップSUVで、そんな遊びを目指してみた。

アウディ Q7 × バックカントリー


モータージャーナリスト 岡崎五朗さん

モータージャーナリスト
岡崎五朗

本誌お馴染みのモータージャーナリスト。スキーの腕前も相当で、実は検定1級を所有している。

4WDとスタッドレスなら選択肢はさらに広がる

今年は暖冬により雪が少ないという情報が入っていたのだが、この連載を担当する以上、その悪条件を乗り越えてやるしかないだろう。最近ご無沙汰していたが、スキーは大好きだ。今回は迷わずスキー&スノーボードにした。

さて、普通に滑るのもいいがどうせなら楽しいことがしたい。最近、ちょこちょこ耳にしていたバックカントリーという言葉が気になっていたので調べてみると、国内でも色々な場所で楽しめるらしい。バックカントリーというのは人間が管理していない太古からの大自然に飛び込む遊びを意味し、スキーで言うとゲレンデではなく、例えばリフトの頂上から裏山に抜けていくなど、まだ誰も滑っていない新雪を目指すものだ。

当然ながら、スキーのレベルも求められるし、そもそもルートにない所に入るのだから特殊な装備や、知識や経験も必要になる。要は素人だけでは無理である。ということでお師匠を探すことにしたのだが、スタッフの一人が素晴らしい先生を見つけてきた。アドベンチャーガイズというこの道のスペシャリスト集団で、そこの代表である近藤さんだ。日本には普段ほとんどおらず、エベレスト登頂7回をはじめ、世界中の雪山を飛び回ってガイドをする達人である。事前に場所や遊び方を教えてもらい、今回は長野県の白馬を目指すことにした。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Jun. VOL.302月号

2019

Jun. VOL.302

6

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop