鹿肉と猪肉たっぷりの"狩猟肉ディナー"を味わう【星のや富士の冬グランピング・中編】

Facebook
Twitter
「星のや富士」の

旅における楽しみのひとつが"食"。その土地ならではの食材やプレゼンテーション、食事スタイルを体験すると、宿の印象はぐっと良くなるものですよね。星野リゾートの宿泊施設は地域らしさを色濃く反映した食事を楽しませてくれることでも人気を集めていますが、山梨県の河口湖畔に建つグランピングリゾート「星のや富士」では、一体、どんな食体験を楽しめるのでしょう。【星のや富士の冬グランピング・前編】に続けて今回は、思わず唸らされた"ならでは"の口福のひとときをレポートします。

冬の森の中で炬燵にあたりながら狩猟肉三昧

何を隠そう、食いしん坊のわたくし、ライターのアマリが、今回の「星のや富士」を滞在するにあたって最も楽しみにしていたのがディナーであります。いくつか選択肢が用意されているのですが、地元で獲れる新鮮な鹿肉や猪肉を使った体験型のコース料理があると知ってジビエ好きの血が騒ぎ、今回はそちらをチョイスすることにいたしました。

私が選んだ「冬の狩猟肉ディナー」(1名1万5000円/税サ別)の食事場所は、標高900mの森の中にあるアウトドアダイニング「フォレストキッチン」。冬の森は氷点下になると聞いていたので寒さを覚悟していましたが、テーブルが炬燵仕立てになっているのでぬくぬくして快適。その傍では焚火がぱちぱちと燃え、グランピング気分を盛り上げます。

「冬の狩猟肉ディナー」の会場である森の中のフォレストキッチン
「冬の狩猟肉ディナー」の会場である森の中のフォレストキッチン。定員は1日6組18名限定。
フォレストキッチンの中
フォレストキッチンの中はこんな感じ。

席に案内されると、テーブルの上にはダッチオーブンなど、アウトドア用のキッチンツールがずらりとスタンバイ。「冬の狩猟肉ディナー」では食材の火入れから盛り付けまでをゲストが自ら行うとのことで、キャンプ経験の浅い私は一瞬不安になりましたが、スタートしてみると、グランピングマスターがしっかりサポートしてくれるのでまったく問題なし。おいしく仕上がるタイミングまで教えてくれるので安心です。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Mar. VOL.299月号

2019

Mar. VOL.299

3

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop