凶暴な走りとともに"復活"した美しきスーパーカー、BMW 8に試乗!

Facebook
Twitter
高性能スポーツGTとして復活を遂げた8シリーズ

美しいボディに隠されたスーパーカー並の走行性能

高級スーツを脱ぎさると一流アスリートの体躯がみえてきたとでも言おうか。"復活した"8シリーズは、BMWの最高級クーペでありつつ、従来の同ブランド製上級クーペにはなかった骨太の"スポーツ性"を兼ね備えていたのだから......。

BMWは今、ブランドの骨幹としての"スポーツ性"を改めて強化し始めている。事実上6シリーズの後継モデルながら、そのナカミを5シリーズベースから7シリーズベースへとグレードアップ(もっとも5と7も今ではかなり近しい)した結果、GTとしてのみならず、スポーツカーとしても抜群の性能を発揮することを、ポルトガルはエストリルサーキットで行なわれた国際試乗会でひとあしお先に確認することができた。



関連記事:新型BMW3シリーズに試乗、絶品スポーツセダンは「小さな5」にあらず!

BNW8シリーズ クーペ
美しいボディをまとった8シリーズのボディサイズは、全長4855×全幅1900×全高1345mm。ホイールベースは6シリーズに近く、各メーカーが発売するフラッグシップセダンよりは短めの全長となる。
BNW 8シリーズ クーペの走行シーン

BMWは新型フラッグシップクーペを開発するにあたって、高性能版のM8(今夏正式デビュー予定)はもちろんのこと、純レーシングカーであるM8GTEも同時に開発を進めていた。そのため、ロードカーとしての8シリーズが正式デビューするよりも前に、M8GTEがル・マン24時間レースに登場し激しいバトルを繰り広げたのだから、そもそも8シリーズの基本的な成り立ちのなかに類い稀なスポーツ性を見つけることは容易いわけだった。

つまり、新型8シリーズはレースで実力を発揮するために必要な体幹性能をベイシックな性能として有していると言っていい。

上から見たBNW 8シリーズ クーペ
アルミニウムを使った軽量ボディに、カーボン素材を組み合わせるなど軽量化も万全。GTモデルというよりスポーツモデルと呼べる各数値を誇っている。近年のBMWらしい味付けと言えるだろう。

アルミニウムやマグネシウム、炭素繊維強化樹脂(CFRP)といった軽量高剛性マテリアルを惜しみなく活用したハイブリッドボディや、高級FRクーペとしては異例に低められた重心の高さ、全身をつらぬく考え抜かれたエアロダイナミクス、さらには大排気量エンジン搭載のFR車両では珍しい前後重量配分50:50の実現など、8シリーズの主戦場がきらびやかなホテルやプロムナードだけというのであれば決して辿りつけなかったであろう高性能が、そこかしこに散りばめられている。

BMWの新しい表示システムである「オペレーティングシステム7」が採用されたインテリア。フルデジタルメーターパネルやスマートフォンアプリの「BMWコネクテッド・ドライブ」などの装備も当然備えている。

BMWの新しい表示システムである「オペレーティングシステム7」が採用されたインテリア。フルデジタルメーターパネルやスマートフォンアプリの「BMWコネクテッド・ドライブ」などの装備も当然備えている。

後席は補助的な要素が強いが、あるとないとでは利便性はまったく異なる。ちょっとした荷物を置くなど、4座に乗り慣れた人には多少窮屈でも存在はありがたい。

後席は補助的な要素が強いが、あるとないとでは利便性はまったく異なる。ちょっとした荷物を置くなど、4座に乗り慣れた人には多少窮屈でも存在はありがたい。

530psのパワーと組み合わせるのは8段AT。クリスタル製のシフトノブ周辺には走行モードの切り替えを行うスイッチ類などをレイアウト。

530psのパワーと組み合わせるのは8段AT。クリスタル製のシフトノブ周辺には走行モードの切り替えを行うスイッチ類などをレイアウト。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop