1台でデザインもクラス感も実用性も欲張ったアウディ A7、新型の満足度は?

Facebook
Twitter
見た目と使いやすさを兼ね揃えた贅沢なNEW A7スポーツバック

見た目と使いやすさは両立できる?

アウディのプレミアムスポーツ 4ドアクーペAudi A7 Sportbackが、7年ぶりにフルモデルチェンジし2代目になった。

A7は、その数字が表すようにA6とA8のあいだに位置するモデルだ。4ドアクーペを標榜するが、6と8がセダン、アバントであるのに対して、7は厳密に言えば5ドアファストバックである。クーペのようなスタイルとセダンのフォーマルさとアバントの実用性を1台すべてで賄おうとするなんとも欲張りなモデルなのだ。

アウディのプレミアムスポーツ 4ドアクーペAudi A7 Sportbackのフロント
アウディのプレミアムスポーツ 4ドアクーペAudi A7 Sportbackのバック
新型A7スポーツバックのサイズは全長4970×全幅1910×全高1415。まずは3ℓ V6エンジンを積む55 TFSI クワトロ デビューパッケージ(988万円)と55 TFSI クワトロSライン(1066万円)の2グレードが発売される。

エクステリアデザインは現在のアウディのチーフデザイナーであるマーク・リヒテ氏がこれまでモーターショーなどで提示してきたコンセプトモデルのエッセンスがはっきりと見てとれるようになった。小さく鋭い目つきのヘッドライト、その一方で大きくくっきりと角張ったシングルフレームグリルが大きな特徴だ。そしてボンネット上に走る4本のプレスライン、ボディサイドに走るショルダーライン、リアのフェンダーラインなど、手で触れると切れてしまいそうなほどエッジが効いており、いかにもアウディらしい精緻な佇まいを感じる。

アウディのプレミアムスポーツ 4ドアクーペAudi A7 Sportbackのインテリア
スイッチの数を大きく減らし、グっと大人っぽい雰囲気のデザインとなったアウディのインテリア。細かい操作などはシフトレバー上に配置された液晶パネルを使うことになる。

インテリアはフラットかつ直線基調のデザインで、タッチディスプレイをダッシュボードセンターに上下2段に配し、最新のインフォテイメントシステムを搭載。メーターパネルは最新アウディの流儀にのっとり12.3インチ液晶の"アウディバーチャルコックピット"を採用。ナビゲーションを地図や、ADAS(先進運転支援システム)の動作状況などさまざまな情報を任意で切り替えて表示が可能だ。

パワートレインは、最高出力340HP/最大トルク500 Nmを発生する3リッターV6ガソリンターボエンジンに48V電装システムを主電源とするマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたものだ。ブレーキ回生によって最大12kWの回生が可能だ。7速Sトロニックトランスミッションを介しクワトロ(4輪駆動システム)により駆動する。カタログ燃費は12.3km/ℓ(JC08モード)だ。ちなみにこの世代からモデル名が「Audi A7 Sportback 55 TFSI quattro」と、3.0といった排気量ではなく「55」と表記されているが、これらは出力によって、50、55、60と数字が大きくなり、「55」は324〜363HPを表しているという。

2代目「Audi A7 Sportback」のディテールをチェック!(写真5枚)

上下に2つの12.3インチモニターを備え、下のモニターをスマホやタブレットのように操作をして、空調、エアコンなどの設定を変更する。機能を集約したことでシフトゲート周囲のデザインは非常にシンプルなものに。

上下に2つの12.3インチモニターを備え、下のモニターをスマホやタブレットのように操作をして、空調、エアコンなどの設定を変更する。機能を集約したことでシフトゲート周囲のデザインは非常にシンプルなものに。

セダンと違い、リアのルーフラインを大きく傾斜させるスポーツバック。もちろん、スタンダードの4ドアセダンより、乗降りの際には若干の窮屈さを感じさせるが、実は車内は足元を含めて十分スペースが確保されている。

セダンと違い、リアのルーフラインを大きく傾斜させるスポーツバック。もちろん、スタンダードの4ドアセダンより、乗降りの際には若干の窮屈さを感じさせるが、実は車内は足元を含めて十分スペースが確保されている。

荷室は大きなハッチゲート式。背の高い荷物は若干苦手だが、積載量自体は535ℓと非常に優秀。リアシートを倒せば長物も載せられるので、ワゴンのような使い方も問題なくできる。

荷室は大きなハッチゲート式。背の高い荷物は若干苦手だが、積載量自体は535ℓと非常に優秀。リアシートを倒せば長物も載せられるので、ワゴンのような使い方も問題なくできる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年May VOL.301月号

2019

May VOL.301

5

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop