恥ずかしい? いえいえ、軽自動車にこそ日本人の英知が詰まっている

Facebook
Twitter
恥ずかしい?いえいえ、軽自動車にこそ日本人の英知が詰まっている

日本独自の規格である軽自動車。「安いけど狭い、走らない」と言った常識や幻想はもはや過去の話。世界の自動車メーカーも注目する「精密技術の英知」を集約した軽自動車だからこそ、自信を持って乗るべきではないか。その中から個性的かつ自慢できる3台をセレクトした。

日本独自のクルマ文化・軽自動車

日本独自のクルマ文化、軽自動車

細かい規格はさておき、日本の自動車の中で最も小型の部類に該当するのが軽自動車だ。かつては低価格で維持費も安く、街乗りにも最適と言われ販売台数を伸ばしてきた軽自動車だが、万が一の事故時における乗員安全性確保の目的などからボディサイズも拡大、また先進安全技術の搭載や快適性も向上し、現在の形に落ち着いている。

一方で単なる"足クルマ"であった軽自動車は、多様化するライフスタイルに合わせて多品種を生み出した。このことについても説明の必要はないだろう。

トールワゴン系やさらに全高を拡大させたスーパーハイト系は販売の中核を担うが、一方でスポーツカーだって存在する。凄いのは世界の自動車メーカーから見れば"マイクロボディ"(実際、某欧州メーカーのエンジニアがそう言っていた)のサイズにスポーツカーとしての出で立ちやハンドリング性能を組み込んでいる点だ。これには、日本人はもっと自信を持って良いだろう。

軽自動車のメリット/デメリットはここでは割愛するが、それでも税金面などは圧倒的有利。今回紹介する3台もどちらかと言えば「ライフスタイルを豊かにするセカンドカー」的な位置づけだ。

昨今、軽自動車の価格が高い、という声も聞くが、ここで腕時計をイメージしてほしい。薄く軽い時計ほど「時を刻む」という機能をそのボディに盛り込むことはまさに"芸術的"とも言える精緻な技術力が要求される。

軽自動車も同様である。限られたボディサイズの中に登録車に迫る快適性や走り、そして前述した安全性能を盛り込んだ点は世界に誇れる独特なカテゴリーなのである。

そこで今回は"ユーティリティ"、"スポーツ"、"アクティビティ"のキーワードに該当するであろう「今、買って損無し!」の太鼓判が押せる3台をセレクトした。

個人ユースでオススメなのがファッショナブルなボディカラーを持つ「+STYLE FUN」(144万5000円~)。ターボも4WDもセレクト可能。床面が低く、助手席の開口部の高さは1230mm、幅は1510mmあるので積載は楽。

個人ユースでオススメなのがファッショナブルなボディカラーを持つ「+STYLE FUN」(144万5000円~)。ターボも4WDもセレクト可能。床面が低く、助手席の開口部の高さは1230mm、幅は1510mmあるので積載は楽。

運転席以外のシートを独特のアレンジで格納することで広大なフルフラットスペースを実現。センターピラーを持たない構造ゆえに小型のソファだって積載可能。ちょっとした引っ越しのサポートにも活躍しそう。

運転席以外のシートを独特のアレンジで格納することで広大なフルフラットスペースを実現。センターピラーを持たない構造ゆえに小型のソファだって積載可能。ちょっとした引っ越しのサポートにも活躍しそう。

シンプルな造形だが、カップホルダーや書類など実用性は極めて高いインパネ周り。先進安全装備となる「HONDA SENSING」も装備する。

シンプルな造形だが、カップホルダーや書類など実用性は極めて高いインパネ周り。先進安全装備となる「HONDA SENSING」も装備する。

コペンはどのグレードも個性的だが、丸目のフロントヘッドライトを持つ「セロ」(176万5000円~)は大人にも似合いそう。ボディカラーの「ブリティッシュグリーンマイカ」も魅力的だ。

コペンはどのグレードも個性的だが、丸目のフロントヘッドライトを持つ「セロ」(176万5000円~)は大人にも似合いそう。ボディカラーの「ブリティッシュグリーンマイカ」も魅力的だ。

これが「ドレスアップフォーメーション」。ローブ⇔セロのスタイルチェンジが可能。フルセットの価格は37万4760円だが、この価格で異なるテイストのクルマに乗り換えられると考えればお得感は抜群だ。

これが「ドレスアップフォーメーション」。ローブ⇔セロのスタイルチェンジが可能。フルセットの価格は37万4760円だが、この価格で異なるテイストのクルマに乗り換えられると考えればお得感は抜群だ。

左から「セロ」「ローブ」「エクスプレイ」。グレード、ボディカラーはもちろんだが、購入時にアルミホイールも3種類(BBS製はオプション扱い)から選べるなど、珍しい設定も魅力のひとつだ。

左から「セロ」「ローブ」「エクスプレイ」。グレード、ボディカラーはもちろんだが、購入時にアルミホイールも3種類(BBS製はオプション扱い)から選べるなど、珍しい設定も魅力のひとつだ。

どこから見てもひと目でジムニーとわかる出で立ち。エクステリアは旧型の丸みを帯びたデザインからスクエアなものに変更。悪路走破性の高さは世界でもお墨付き!(135万円~)

どこから見てもひと目でジムニーとわかる出で立ち。エクステリアは旧型の丸みを帯びたデザインからスクエアなものに変更。悪路走破性の高さは世界でもお墨付き!(135万円~)

屈強とも言えるラダーフレームには新たに「Xメンバー」と呼ばれる補強等を施した。これにより乗り心地や操安性が一気に向上した。

屈強とも言えるラダーフレームには新たに「Xメンバー」と呼ばれる補強等を施した。これにより乗り心地や操安性が一気に向上した。

上位グレードのシートには撥水加工や前席シートヒーターを装備。後席は12段階のリクライニング&5:5の分割可倒機構付き。両席を倒せば奥行きは980mmとなりラゲージ容量も352LとコンパクトSUV並みのスペースとして使える。

上位グレードのシートには撥水加工や前席シートヒーターを装備。後席は12段階のリクライニング&5:5の分割可倒機構付き。両席を倒せば奥行きは980mmとなりラゲージ容量も352LとコンパクトSUV並みのスペースとして使える。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop