高感度ビジネスマンがあえて乗る「外しの美学」を備えたクルマ【SUV編】

Facebook
Twitter

今や世界的なトレンドとして人気の高いSUV。そんな王道のジャンルに、当連載で提唱し続ける外しの美学という切り口は当てはまるのか!? 実用性も兼ね備えた魅力的な3台をセレクトした。

v高感度ビジネスマンがあえて乗る「外しの美学」を備えたクルマ【SUV編】

旬のカテゴリーだからこそ外しが効く!

これまでスポーツセダン編、ステーションワゴン編と2回にわたり取り上げてきた外しの美学シリーズだが、最終回となる3回目は今もっとも旬なSUVを取り上げる。現在、SUV市場にはどの自動車メーカーも本格的に参入。プレミアムブランドはおろか「超」の付くスポーツカーメーカー、例えばランボルギーニまでウルスを発表するほどである。

その旬なSUVというカテゴリーの中で、本当にこの企画に該当するクルマはあるのか? という声も聞こえてきそうだが、意外とまだまだ知られていない日本市場にマッチするクルマというのは探してみると結構存在する。

SUVの魅力を今さら説明するのも野暮な話だが売れると分かった以上、自動車メーカーも最新のテクノロジーやデザイントレンドをこのカテゴリーに取り入れ、市場に導入している。つまりSUVは現在において時代を映す鏡と見る事もできる。

高い着座位置による広い視界やステーションワゴンよりラゲージの開口部や荷室高が高く、より大きな荷物を積載する事も可能。何よりも空間に余裕がある事がドライバーだけでなく乗員全体にも快適性を与える事はSUVの魅力だ。もう少し砕けた言い方をすれば彼女を助手席に乗せた際、その見える風景はこれまでのセダンやステーションワゴンとは大きく異なる。

これは実話だがこれまでのクーペに乗っていた男性がSUVに乗り換えた際、隣に座っていた彼女が喜びの声をあげたという。一体何かというと、これまで高速道路など走っていると助手席側から見える左側の風景はほとんどの場合、ガードレールや壁面であったという。しかしSUVに乗り換えた瞬間、アイポイントが高まった事で東関道浦安辺りのエリアにある有名な"おとぎの国"の全貌が風景として目に飛び込んできたという。夜という事もあり、彼女がいたくSUVを気に入ったという事だ。

一方で売れると分かった以上、現在は数多くのボディサイズが存在する。いたずらに大型のSUVを選ぶ事は都市部において取り回しがしにくいと感じる事もある。そこで今回は普段あまり注目される事が少ない(失礼)独自の個性を持ち日本の道路事情にもマッチする3台(内、王道1台含む)を紹介する。

全長4175×全幅1775×全高1610mm。最低地上高は185mmを確保。ボディカラーは全部で6色と少ないが写真の「ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフ」やターコイズカラーなど街中でも目立つカラーリングも魅力のひとつだ。

全長4175×全幅1775×全高1610mm。最低地上高は185mmを確保。ボディカラーは全部で6色と少ないが写真の「ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフ」やターコイズカラーなど街中でも目立つカラーリングも魅力のひとつだ。

スイフトスポーツと同じ1.4リッター直4ターボにパドルシフト付きの6速ATを組み合わせる事でダイレクトなフィーリングを楽しめる。レギュラーガソリン仕様にする事で最高出力は100kW(136PS)、最大トルクは210N・m(21.4kg・m)とやや落ちるが、ボディも軽量化されている事でそのハンドリングはスポーティだ。

スイフトスポーツと同じ1.4リッター直4ターボにパドルシフト付きの6速ATを組み合わせる事でダイレクトなフィーリングを楽しめる。レギュラーガソリン仕様にする事で最高出力は100kW(136PS)、最大トルクは210N・m(21.4kg・m)とやや落ちるが、ボディも軽量化されている事でそのハンドリングはスポーティだ。

シンプルな造形、インパネ上部のセンタークロックがアクセント。ステアリングもチルト&テレスコピック機構を採用する。

シンプルな造形、インパネ上部のセンタークロックがアクセント。ステアリングもチルト&テレスコピック機構を採用する。

フロントシートは部分的に本革を使用するなどコストもかかっている。また前席はシートヒーター付きだが、座面だけではなく、背中の部分も暖めてくれるなど快適性も高い。

フロントシートは部分的に本革を使用するなどコストもかかっている。また前席はシートヒーター付きだが、座面だけではなく、背中の部分も暖めてくれるなど快適性も高い。

全長4435×全幅1835×全高1610mm。最低地上高は200mmを確保。SUVの中では比較的低い全高を持つ事でワイド感やスポーティ感をバランス良く見せる事に成功している。

全長4435×全幅1835×全高1610mm。最低地上高は200mmを確保。SUVの中では比較的低い全高を持つ事でワイド感やスポーティ感をバランス良く見せる事に成功している。

エクステリアの大胆さから比較するとインテリアはシンプルな造形。しかしこれも実用性重視のフランス車ならではの飽きの来ないデザインともいる。シンプルといいながらステアリングホイールには高級なナパレザーを採用するなど「掛けるべき部分にはお金は掛ける」といった割り切りも潔い。

エクステリアの大胆さから比較するとインテリアはシンプルな造形。しかしこれも実用性重視のフランス車ならではの飽きの来ないデザインともいる。シンプルといいながらステアリングホイールには高級なナパレザーを採用するなど「掛けるべき部分にはお金は掛ける」といった割り切りも潔い。

ボディカラーは写真の「ルージュ フラム」含め4色設定。大径の19インチアルミホイールは標準装備でボディ下部をグルリと囲んだプロテクターとのマッチングも良好だ。

ボディカラーは写真の「ルージュ フラム」含め4色設定。大径の19インチアルミホイールは標準装備でボディ下部をグルリと囲んだプロテクターとのマッチングも良好だ。

全長4500mm×全幅1840mm×全高1675mm(R-LINEは除く)。最低地上高は180mm、オンロードからオフロード走行までカバーするAWD機構には専用の「4MOTIONアクティブコントロール」を採用する。

全長4500mm×全幅1840mm×全高1675mm(R-LINEは除く)。最低地上高は180mm、オンロードからオフロード走行までカバーするAWD機構には専用の「4MOTIONアクティブコントロール」を採用する。

現在のVW車のトレンドでもある次世代の12.3型デジタルメータークラスターやネットワーク検索にも対応するインフォテインメントシステムである「Discover Pro」も標準装備またはオプションで対応する。

現在のVW車のトレンドでもある次世代の12.3型デジタルメータークラスターやネットワーク検索にも対応するインフォテインメントシステムである「Discover Pro」も標準装備またはオプションで対応する。

ラゲージスペースは5名乗車時で615リットル、後席シート全てを倒せば最大1655リットルまで拡大する。ポイントはテールゲートの下端が比較的低く、開口部も大きい事で荷物の積み卸しがこの手のSUVとしては楽な事。またリアシートは6:4の分割機構付きだが、センター部を独立させて可倒させたり、助手席側のシートバックをフラットにさせたりする事で長尺物の積載も可能にするなど実用性は非常に高い。

ラゲージスペースは5名乗車時で615リットル、後席シート全てを倒せば最大1655リットルまで拡大する。ポイントはテールゲートの下端が比較的低く、開口部も大きい事で荷物の積み卸しがこの手のSUVとしては楽な事。またリアシートは6:4の分割機構付きだが、センター部を独立させて可倒させたり、助手席側のシートバックをフラットにさせたりする事で長尺物の積載も可能にするなど実用性は非常に高い。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop