クリーンディーゼル攻勢で後れをとったVWだからこそ「ティグアンTDI」は注目のSUVだ

Facebook
Twitter
ティグアンTDI

輸入車を中心にディーゼルが日本市場でシェアを伸ばしている。実際、年間走行距離の伸びやすいドライバーにはガソリンや電気よりも適したソリューションだし、軽油が余りがちなエネルギー事情の日本では、まだ伸びていい余地はある。

ティグアンのボディとエンジン(写真2枚)

とはいえ2015年にアメリカで発覚した排ガス不正事件の余波で、フォルクスワーゲンの日本市場導入は後手に回っていた。そのディーゼルエンジンが日本の規制値とほぼ同じレベルのユーロ6.2対応に進化したことで、2月にパサートTDIが日本上陸したのに続き、今回ティグアンの4モーションにも、2リットルの150ps・340NmのTDIを搭載モデルが追加されたのだ。

ボルボやメルセデス・ベンツにBMW、プジョーらに後れをとったとはいえ、VWのディーゼル攻勢第2波が売れ筋のSUVに及んできたことは歓迎すべきだろう。7速DSGの4モーション仕様を投入するのは、豊富なパワートレインを誇るVWならではの冴えた戦略といえる。加えてティグアンの150ps・340Nm というTDIエンジンはボルボのD4やプジョーのBlueHDi180といったハイエンド・ディーゼルよりも、欧州ではスタンダード寄りの強いスペックであり、それらに伍するのはパサートTDIの190ps・400Nmという訳なのだ。

ティグアンTDI

電子制御油圧式のハルデックスカップリングによるAWDであることは、ティグアンTDI 4モーションの大きなアドバンテージに違いないが、1730kgという車両重量はかなり重い。ところが走り出して感心するのは、ライバルに比べてスペック的には譲るはずのトルクの出方が、予想以上にスムーズで心地よいことだった。シャフトシールやベアリング類が見直された新世代の7速DSGの協調制御が巧いことに加え、4モーション搭載によって荷重を増した後車軸側のホイールベアリングが強化された効果もあるだろう。初速のつき方が滑らかで、走行音自体も静かなのだ。

ティグアンTDIのインテリア
フォルクスワーゲンのクォリティを最も感じさせるのがインテリアのシンプルなデザインと精度の高い作り。もちろん3ゾーンエアコンなど、快適装備も充実していて機能面でのぬかりはなし。

エキゾースト音はとくにディーゼルであることを隠すタイプではなく、アイドリングでカラカラ音は多少するが、走行中の車内ではそうした周波数の音がきっちり遮られ、静粛性は高い。内装はよくいえば機能的、悪くいえば事務的ながら、緻密な質感がある。フルデジタルのメーターパネル内にナビ画面を映し出せるし、ヘッドアップディスプレイも備わるなど、視認性や運転環境の面では申し分ない。

新たに340Nmの2ℓ TDIエンジンを加えたティグアン。2017年、ドイツ本国ではコンパクトSUVで最も売れている実力車だけに、グレードの充実はうれしいところ。TDIモデルの価格は408万6000円〜

新たに340Nmの2ℓ TDIエンジンを加えたティグアン。2017年、ドイツ本国ではコンパクトSUVで最も売れている実力車だけに、グレードの充実はうれしいところ。TDIモデルの価格は408万6000円〜

最高出力150PS、最大トルク340Nmを生み出す2ℓのディーゼルエンジン。ディーゼルエンジンの特性でもある低回転域の1750回転で最大トルクを生み出すため、街中での出足の鋭さは秀逸。

最高出力150PS、最大トルク340Nmを生み出す2ℓのディーゼルエンジン。ディーゼルエンジンの特性でもある低回転域の1750回転で最大トルクを生み出すため、街中での出足の鋭さは秀逸。

ティグアン同様、ディーゼルの2ℓTDIエンジンを追加したゴルフトゥーラン。

ティグアン同様、ディーゼルの2ℓTDIエンジンを追加したゴルフトゥーラン。

3列シートモデルながら全長は約4500mmとコンパクトでトルクのあるディーゼルエンジンなら走りも存分に楽しめる。TDIモデルの価格は369万9000円〜。

3列シートモデルながら全長は約4500mmとコンパクトでトルクのあるディーゼルエンジンなら走りも存分に楽しめる。TDIモデルの価格は369万9000円〜。

エンジンはティグアンと同じ2ℓのTDIユニット。最先端の排ガス浄化システムを採用し、世界でも厳しいとされる日本の規制にもしっかりと適合している。

エンジンはティグアンと同じ2ℓのTDIユニット。最先端の排ガス浄化システムを採用し、世界でも厳しいとされる日本の規制にもしっかりと適合している。

ティグアン同様、質実剛健で使いやすいインテリア。様々な安全装備を詰め込んだ「フォルクスワーゲン オールイン・セーフティ」や、ACCの「Traffic Assist」といった多くのテクノロジーが採用されている。

ティグアン同様、質実剛健で使いやすいインテリア。様々な安全装備を詰め込んだ「フォルクスワーゲン オールイン・セーフティ」や、ACCの「Traffic Assist」といった多くのテクノロジーが採用されている。

3列目まで3点式シートベルトを用意し、フル乗車でもしっかりと乗員をサポート。万が一の時、乗員の体を守るためにカーテンエアバッグをはじめ、室内には9つのエアバッグが設定されている。

3列目まで3点式シートベルトを用意し、フル乗車でもしっかりと乗員をサポート。万が一の時、乗員の体を守るためにカーテンエアバッグをはじめ、室内には9つのエアバッグが設定されている。

通常の5人乗り状態で広い荷室を使うこともでき、さらに後席をフラットにした大きな荷物を積むことも可能。後席を倒せば1857ℓの荷物を積むことができる。

通常の5人乗り状態で広い荷室を使うこともでき、さらに後席をフラットにした大きな荷物を積むことも可能。後席を倒せば1857ℓの荷物を積むことができる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop