「高級車」と「悪趣味」について、ベントレー コンチネンタルGTに乗って考えた

Facebook
Twitter
必要最低限の文化的な移動とは? コンチネンタルGTのスタイリッシュさに迫る

高級車とは、フツーのクルマとはかけ離れたプラスアルファの仕掛けや余裕が、あちこちに組み込まれたクルマだと思われがちだが、それは間違いである。パワートレインや内装、外装のデザイン等々、「満たすべき必要」のレベルや捉え方が違うクルマだと考えたほうが分かりやすいはずだ。7年ぶりのモデルチェンジを果たしたベントレー・コンチネンタルGTの、佇まいや卓越したホスピタリティ、パフォーマンスを試したら、大人4人がグランツーリングに出かけるために満たすべき必要十分条件とは何か、それが表れた気がする。

コンチネンタルGTのプロポーションとサイズ(写真2枚)

先代とまず異なるのは外寸とプロポーション。全長4880㎜は先代比+60㎜ながら前車軸は135㎜も前に移動し、ホイールベース2850㎜も+105㎜となる。かくして前後の重量配分も55:45に改められ、横から見るとフロントノーズの長さを強調する、より伸びやかなシルエットが与えられた。また全幅は+20㎜の1965㎜、全高は-5mmの1405㎜となり、ボディはトランクリッド以外すべてアルミニウム製で、車両重量はW12ツインターボを積みながら2310kgに抑えられている。

スタイリッシュなコンチネンタルGT。

スタイリッシュなコンチネンタルGT。

GT性能はもちろんのこと、スポーツ性や航続距離など、走りに関するほぼすべての性能が大幅に向上。エンジンはW12 TSIツインターボで、635psを誇る。

GT性能はもちろんのこと、スポーツ性や航続距離など、走りに関するほぼすべての性能が大幅に向上。エンジンはW12 TSIツインターボで、635psを誇る。

ベントレーのGT性能、そして快適性を象徴するシート。使用するレザーを吟味し、ステッチを始めとする生産工程のほぼすべてが職人の手によるもの。

ベントレーのGT性能、そして快適性を象徴するシート。使用するレザーを吟味し、ステッチを始めとする生産工程のほぼすべてが職人の手によるもの。

手で触れる操作系、調度品、そのひとつひとつがまさにアート。丹念に細部まで作り込まれ、シートに座るとそのベントレーの世界感に包まれることになる。

手で触れる操作系、調度品、そのひとつひとつがまさにアート。丹念に細部まで作り込まれ、シートに座るとそのベントレーの世界感に包まれることになる。

質感、デザインの方向性は先代を踏襲しているもの、操作性や視認性を高める多くのギミックを追加。コンソール中央のモニターは3連メーター、ウッドパネルと切り替えてることができる。

質感、デザインの方向性は先代を踏襲しているもの、操作性や視認性を高める多くのギミックを追加。コンソール中央のモニターは3連メーター、ウッドパネルと切り替えてることができる。

最高出力635ps、最大トルク900Nmを生み出すW12エンジン。カタログ数値では最高速度333km/hと発表されているが、燃費性能の追求もしっかりと行われているという。

最高出力635ps、最大トルク900Nmを生み出すW12エンジン。カタログ数値では最高速度333km/hと発表されているが、燃費性能の追求もしっかりと行われているという。

ベントレーとしては初めて採用する8速DCTとW12エンジンの相性も抜群で、その加速力は圧倒的。もちろんエンジンだけでなくコーナリング時のロールを抑えるための「ダイナミックライド」など、最新技術が惜しみなく投入されている。

ベントレーとしては初めて採用する8速DCTとW12エンジンの相性も抜群で、その加速力は圧倒的。もちろんエンジンだけでなくコーナリング時のロールを抑えるための「ダイナミックライド」など、最新技術が惜しみなく投入されている。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop