【修善寺・男ひとり旅】1泊目の宿は "お一人様" 贅沢プランをチョイスしてみた

Facebook
Twitter
藤村岳の男の美(容)学 男性美容研究家の藤村 岳さんが気になる美容・香り・スパ・ホテル・グルメなどを紹介する不定期コラム。

和のリゾートで"お一人様"を堪能



東府やResort&Spa-Izu
江戸時代から続く老舗旅館をリニューアル。川のほとりに佇む和のリゾート

そもそも、この「東府やResort&Spa-Izu」を宿に選んだのは、「ひとりで楽しむ贅沢プラン ヴィラスイート蔵」があるから。江戸時代からある老舗旅館をリニューアルした和のリゾート。まさに男の平日ひとり旅にふさわしいではないか。喧噪を離れ、ひとりでのんびりできる理想的なデスティネーションだ。

今回泊まる「ヴィラスイート蔵」はメゾネットの洋室タイプで、1階はリビング、階段を上がるとベッドと露天風呂がついている。モダンな内装だが決して華美ではない。落ち着きがあって、心安らぐ。部屋からは竹林が見える。雨に打たれた緑の木々の美しいこと。

宿泊した"ヴィラスイート蔵"(写真6枚)

敷地は3万6千坪。吉奈川の蛇行に沿っているので、施設から施設へと移るたびに川の流れが目に入る。土砂降りの中では雄々しい濁流だが、晴れると水底まで見える清らかな流れ。玄関棟から最も離れているのが、今回宿泊する"ヴィラスイート蔵"だ。

この吉奈温泉の歴史は古く奈良時代まで遡るという。行基上人により発見されたと言われ、伊豆最古の温泉として有名だ。江戸時代、徳川家康の側室・お万の方が入湯し、紀州大納言頼宜と水戸中納言頼房を授かったことで一躍、世間に知られることとなった。

露天風呂は館内に4つ。男女入れ替え制となる野趣あふれる岩風呂の「行基の湯」、柔らかな木枠の浴槽で落ち着ける「河鹿の湯」、そして無料の貸し切りの露天風呂「子宝の湯」と「伴の湯」がある。チェックインしたら、早めに貸し切り風呂の予約するといいだろう。狙い目は1回目の食事時間の6時頃。

リビングには暖炉の設え

リビングには暖炉の設え

メゾネットタイプの部屋

メゾネットタイプの部屋

ベッドルームは2階に

ベッドルームは2階に

2階からの眺望もよし

2階からの眺望もよし

窓からは竹林と吉奈川も見える

窓からは竹林と吉奈川も見える

露天風呂付の贅沢なヴィラ

露天風呂付の贅沢なヴィラ

大正館 芳泉 カフェアールデコ

大正館 芳泉 カフェアールデコ

宿泊客はラウンジとして利用できる

宿泊客はラウンジとして利用できる

見知らぬ人と話し込んでしまった

見知らぬ人と話し込んでしまった

特別に見せてもらった2階。クラシックモダンな内装

特別に見せてもらった2階。クラシックモダンな内装

塗香でトリートメント開始

塗香でトリートメント開始

まずはフットバスから

まずはフットバスから

オイルトリートメントで徹底ケア

オイルトリートメントで徹底ケア

晴れていたらきっと星空が美しかったであったろう行基の湯

晴れていたらきっと星空が美しかったであったろう行基の湯

昼間の行基の湯はこんな雰囲気。光があふれ開放的だ

昼間の行基の湯はこんな雰囲気。光があふれ開放的だ

こちらは貸し切りの露天風呂“子宝の湯”。ひっそりと佇む

こちらは貸し切りの露天風呂“子宝の湯”。ひっそりと佇む

東府やのオリジナルラベルの日本酒でスタート

東府やのオリジナルラベルの日本酒でスタート

季節感のある地物の前菜

季節感のある地物の前菜

松茸と鱧真薯のお椀

松茸と鱧真薯のお椀

沼津港直送のお造り

沼津港直送のお造り

肉汁したたる愛鷹牛

肉汁したたる愛鷹牛

伊豆の地酒を追加した

伊豆の地酒を追加した

今シーズン初の栗ご飯

今シーズン初の栗ご飯

東府やの名物・ベーカリー。宿泊客以外でも利用可

東府やの名物・ベーカリー。宿泊客以外でも利用可

足湯は旅人の疲れを癒す人気のスポット

足湯は旅人の疲れを癒す人気のスポット

この時間の男湯は河鹿の湯。すだれで仕切られている

この時間の男湯は河鹿の湯。すだれで仕切られている

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop