大雨の修善寺へ、男ひとり "蕎麦屋でチョイ飲み" の旅をやってみた

Facebook
Twitter
藤村岳の男の美(容)学 男性美容研究家の藤村 岳さんが気になる美容・香り・スパ・ホテル・グルメなどを紹介する不定期コラム。

雨だけど修善寺へ、ぶらり男のひとり旅



ひとり旅がしたくなった。時折、心に浮かぶこの衝動。取り立てて何か不満があるわけではない、でも、ひとりなる時間が欲しい。それにはうまい飯といい温泉、そして心を温かくする酒が欲しい。

都心から近くて、便利なところ、として修善寺に行ってみることにした。実は昨年、わさび田を見学しに訪れた場所。その時は慌ただしかったので、ゆっくり滞在してみたかった。

踊り子105号
平日の旅は空いていて実にラク

そうと決まれば、踊り子105号へ。昼前につくのを調べてみると東京駅を9時に出発する。平日ということもあってか、自由席でも余裕で座れた。現行の185系が引退するかもしれないというウワサを聞いた。くすんだ昭和な色合い。かなり古い車両だが、それもまた味わい深い。その鄙びた雰囲気がより一層、旅気分を掻き立てる。ここでビールを一缶あけた。

鈍色の空
鈍色の空。今にも降り出しそう

外は鈍色。どうやら滞在中はずっと雨のようだ。特に観光するつもりもなく、湯に浸かるだけと考えるとそれほど嫌でもない。根府川駅を通過する。東海道線ではめずらしい無人駅だが、ホームから海が一望できるので有名。

ふと後ろの方からスペイン語が聞こえてきた。母娘がガイドブックを出して、ひそひそと相談している。不安な顔で辺りを見回している。そういえば、英語のアナウンスがない。新幹線のように電光掲示板もなく、さぞ不安だろうに。車掌に何かを聞いて不安は解消したようだ。

土砂降りの中、営業中だったそば屋の「さくだ」

土砂降りの中、営業中だったそば屋の「さくだ」

気さくなオヤジさん

気さくなオヤジさん

まずは塩そば。シンプルの極み

まずは塩そば。シンプルの極み

ぶっかけにはなすの天ぷら

ぶっかけにはなすの天ぷら

そば湯を注いでもらって〆

そば湯を注いでもらって〆

昨年も訪れた朴念仁

昨年も訪れた朴念仁

地ビールとそば豆腐で一杯

地ビールとそば豆腐で一杯

せいろ。なかなか盛り良し

せいろ。なかなか盛り良し

そば湯であったまる

そば湯であったまる

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop